マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

ザ・パークハウス晴海クロノレジデンスに行って来ました

ザ・パークハウス晴海クロノレジデンスに行って来ました

オリンピック開発の中心エリアである晴海。「ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス」はそんな晴海に位置する、三菱地所レジデンスのフラッグシップ・プロジェクトです。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

晴海エリアの魅力

晴海パークタワー計画図↑オリンピック後にも様々な開発が予定されている(photo by 晴海地区将来ビジョン検討委員会

既にトリトンスクエアや黎明橋公園などが賑わう晴海エリア。最近では住友不動産の新築マンションDEUX TOURS CANAL&SPA (ドゥ・トゥール)もほぼ完成しました。

オリンピックでは選手村のための高層マンションが複数棟建設される予定ですが、オリンピック後を見据えた開発計画が晴海地区将来ビジョン検討委員会によって策定されています。

三菱地所レジデンスのフラッグシップ・プロジェクト

アパレルなどのブランドにもフラッグシップ・ショップ(旗艦店)がありますが、マンションにもディベロッパーの威信をかけたプロジェクトというものが存在します。そのようなマンションはフラッグシップ・プロジェクトと呼ばれ、他のマンションよりも入念に、最新の注意を払って設計、施工が行われるものです。

晴海パークタワー外観

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンスもそんなマンションの一つ。隣接するティアロレジデンスと共に「晴海のランドマークにしてみせる」という三菱地所の意気込みが伝わってくるようなマンションです。49階建ての免震・長期優良住宅認定タワーレジデンス、それがクロノレジデンスなのです。

>>>ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンスの詳細データはコチラ

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス13↑兄弟のように隣接するクロノレジデンス(左)とティアロレジデンス(右)

もちろん、建設住宅性能評価、設計住宅性能評価も付いています。また免震構造だけではなく、各フロアに防災備蓄倉庫を設けている点も防災を強く意識している為の工夫だと言えます。

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス外観・周辺施設の魅力

クロノレジデンス

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンスの魅力の一つが白く輝くその外観。「織り布」をコンセプトにガラスバルコニーに傾きを持たせ、独特の立体感を生み出しています。

マンションのデザインを監修したのは建築界のノーベル賞とも言われるプリツカー賞を受賞した世界的建築家リチャード・マイヤー氏。

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス10

また周辺の空間のゆとりも大きな特徴の一つ。晴海運河に面した水辺のプロムナードを含む、広大な公園を散歩出来るのも大きな贅沢です。

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス6 ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス9ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス8 ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス12

丸の内まで約3.5km圏・銀座まで約2.5km圏内というのが信じられないほどの開放感です。

中央区晴海児童館

また認定こども園が併設された児童館「中央区晴海児童館」に隣接しており、小さなお子様がいる家庭には嬉しいですね。

共用部分の魅力

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンスの共用部分は三菱地所レジデンスが過去のデータを調査し、実際に稼働率が高かったもののみ設置。また大規模マンションに相応しく、様々な世帯層が活用出来る施設を揃えることにフォーカスしています。

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス22 ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス21↑明るく開放的なエントランス

1階のエントランス入り口には警備員がおり、24時間有人管理が徹底されています。クロノレジデンスはファミリー層の方も多いので、安心ですね。

1階のエントランスからエスカレーターを上がると、コンシェルジュカウンターとラウンジスペース。このラウンジはプライベートテラスに隣接しており、日当たりと共に眺望を楽しむことが出来ます。

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス24↑落ち着いた色使いのラウンジスペース

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス25↑白いタイルに水盆、緑が広がるプライベートテラス。子供が遊ぶのにも十分なスペースですね。

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス33↑キッズルームも陽当たりが良さそうです

パーティースタジオも特徴的。単なるパーティールームではなく、4人の有名なシェフが監修したキッチンセット、業務用冷蔵庫、製氷機などの、本格的な調理設備を完備。洗練された上品な雰囲気を楽しむことが出来ます。

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス36-3 ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス36↑訪問した際も料理教室が開かれていました

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス36-2ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス36-1↑パーティールームは2つあります

タワーマンションと言えば必ずチェックしたいのがスカイラウンジ。こちらのマンションはスカイラウンジがバー・ラウンジになっています。

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス37-1 ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス37-2

夜は最高の夜景が楽しめそうですね。

三菱地所レジデンス(MITSUBISHI JISHO RESIDENCE CO.,LTD.)・三菱地所設計(Mitsubishi Jisho Sekkei Inc)・鹿島建設(KAJIMA CORPORATION)↑夜のバーラウンジ

さらにクロノレジデンスにはカーシェアリング、レンタサイクル、ゴルフレンジ、ゲストルーム、フィットネスルーム、エグゼクティブルームなどの共用施設があります。どれも実用性の高いものばかりですね。

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンスお部屋

それではいよいよ、お部屋を見ていきましょう。今回ご紹介するお部屋は42階。リビングからレインボーブリッジ、富士山、東京オリンピック村予定地の眺望を楽しむ事が出来るという、なんとも贅沢なお部屋です。

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス39

LDKは約19.7帖。リビング天井高が約2.7mもあり、エアコンが埋め込み式のためスッキリと広い空間を楽しむことが出来ます。

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス41

マスターベッドルームは約7.0帖。センターリビング型の間取りのため、全居室採光が取れており明るい室内です。さらに全居室ウォークインクローゼットが付いているのも嬉しいですね。

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス42 ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス44 ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス45

またこのお部屋で一番のポイントは「眺望」。時間によって様々な顔を見せる眺望を楽しむことが出来るのは、本当に羨ましい限りです。

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス101 ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス103 ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス104ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス106 ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス107

間取り

図面

2LDK+2ウォークインクローゼット。センターリビングで全室採光が取れています。全居室ウォークインクローゼット付き。

詳細データ

  • マンション名:ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス
  • 価格:9980万円
  • 住所:東京都中央区晴海2丁目3-30
  • 交通:都営大江戸線 勝どき駅 11分
  • 占有面積:79.29㎡
  • バルコニー面積:15.64㎡
  • 築年月:2013年10月
  • 所在階/階数:
  • 間取り:2LDK+2WIN
  • 主要採光面:西
  • 現況:居住中
  • 管理費:23,550円/月
  • 修繕積立金:9520円/月

まとめ

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンス100

ザ・パークハウス晴海、いかがでしたでしょうか。クロノレジデンスの「クロノ」という名前は、マンション上部の照明「クラウン(王冠)」に由来しています。開発が著しい湾岸エリアの中でも、海外投資家を含め一際注目を集める晴海エリア。

ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンスはまさに、そんな晴海エリアの「王様」と言えるマンションかもしれません。

>>>ザ・パークハウス晴海 クロノレジデンスの詳細データをもっと見る!

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top