マンションジャーナル

マンションジャーナル

【速報】孫正義流「職住近接」の極意!アメリカ・カンザス州に更に住宅を購入!

マンションジャーナル最新記事

More
【速報】孫正義流「職住近接」の極意!アメリカ・カンザス州に更に住宅を購入!

ソフトバンクの創業者である孫正義氏が、アメリカのカンザス州カンザス、ミッション・ヒルズに住宅を購入したというニュースが入ってきました。

カンザス州ミッション・ヒルズはアメリカの中央部分に位置します。ベンチャー企業といえば西海岸のカリフォルニア州シリコンバレーが有名。孫正義氏もカリフォルニア州ウッドサイドに1億1750万ドル(約142億5000万円)の豪邸を所有しています。

孫正義氏が第3位!アメリカ超豪邸ランキング!

日本にも複数の豪邸を所有している孫正義氏。なぜ今更そんなところに?という疑問が湧きますが、実はこの住宅、孫氏が今最も注力しているスプリント社の再建に関係があるのです。

究極の職住近接!?

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

スプリント社はソフトバンクが買収したアメリカの携帯電話事業者。買収した時点では契約者でアメリカ第3位でしたが、計画していた競合企業T-Mobileの買収計画が失敗。逆にT-Mobileに契約者数で抜かれ、アメリカ第4位に転落してしまいました。

一時は売却することも噂されたスプリント社ですが、孫正義氏は「必ず再建してみせる」と決算発表でも意気込みを示しています。

スプリント発表 のコピー↑決算発表でも意気込みを示した孫氏(photo by softbank

アメリカのメディアによると、孫正義氏は今までスプリント社の幹部とカリフォルニア州サンカルロスで毎月1回定例の会議を行っていたということ。カリフォルニア州の孫さんの家に近い場所ですね。

しかしソフトバンクグループから送り込んだ孫氏の懐刀、マルセロ・クラウレ氏(現スプリント社長)の要望で、スプリントの本社で打ち合わせを開くことに変更。それならということで、今回の住宅購入に踏み切ったということです。

マルセロ・クラウレ↑孫氏の懐刀、マルセロ・クラウレ氏(現スプリント社長)

孫氏はこれまで以上にスプリント本社に訪れ、より事業の再建に注力するとのこと。仕事に集中するためには「まずは移動時間の無駄を無くす」ということなのでしょう。

2040年に時価総額200兆円を目指しているという孫正義氏。複数の事業に精力的に取り組むため、複数の家を所有する。まさに究極の職住近接と言えるかもしれません。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top