マンションジャーナル

マンションジャーナル

【住宅ローン金利の秘密!】「固定金利」と「変動金利」どちらがお得?は真の論点ではない⁉︎

マンションジャーナル最新記事

More
【住宅ローン金利の秘密!】「固定金利」と「変動金利」どちらがお得?は真の論点ではない⁉︎

人生における最大の買い物と称されるマイホームの購入。住宅ローンを利用して、その後に何十年も支払いをされる方がほとんどです。そのため、少しでも総返済額を減らすために、「固定金利と変動金利どっちの方がお得になるのか」を必死に調べていませんか?

実は、住宅ローン選択の判断基準には割安感はそもそも論点に存在しないのです。
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

金利タイプをさらっとおさらい

住宅ローンを借り入れる際、金利には3つのタイプが存在します。ですのでまずは、その三つを簡単におさらいしてみましょう。
bsYUKA863_korekore15202501

1.全期間固定金利型

借り入れから完済に至るまで、固定された金利が適用されます。フラット35のように「〜年目以降は〜%へ」と、あらかじめ定められている商品もありますが、基本的には全期間の金利固定が原則です。

2.固定金利選択型

定められた期間のみ固定金利が適用され、その後はローン商品によって異なりますが、再び固定金利型を選択したり、変動金利型に切り替えることが可能です。固定期間は、2年、3年、5年、10年、15年など、自らで選択することができます。

3.変動金利型

1年に2回見直される金利の影響を受ける変動金利のタイプです。半年に1度、見直されてしまうものの、1.25倍以内などのルールが定められています。

各世帯によって相性の良い金利タイプを選択

固定金利、変動金利ともに、それぞれ大きなメリット・デメリットを持っています。そのため各世帯によって、収支状況に見合うタイプが存在してきます。

固定金利型
  • 少しの返済額アップでも不安を感じる
  • 金融の知識が薄く、各タイプの違いを100%理解できていない
  • 金利変動に気を取られず、生活を心から楽しみたい

フラット35徹底比較!どこの金融機関がいいの?

変動金利型
  • 共働きの世帯
  • 現在の貯蓄・世帯年収であれば10年以内の繰り上げ返済が可能
  • 変動金利の仕組みが十分に理解できている
  • 経済ニュースや世界情勢に興味がある

変動金利の住宅ローンを徹底比較!絶対に押さえておきたい4つのポイント

「現在は金利が上昇傾向にあるため、固定金利の方が良い?」「総額で見れば少ないはずだから変動金利がいい?」そんな決め方ではいけません。固定金利であれば、今後の教育費や急な出費に備えておけるメリットがあり、変動金利はいざという時の繰り上げ返済で元本を減らせる財力があるからこそ、低金利というメリット選択が可能なのです。
054206222b24dc46ca78b7a11558076e_sそのため財力や知識がない状態で「良さそうだから」「シミュレーション額が安かった」という理由で選んではいけません。基本的には、返済能力の高い世帯が、万が一のリスクを取る覚悟で低金利の返済スタイルを選択していると捉えて下さい。

得なのか?ではなく完済できるのか?が問題

総返済額が減らすこともできるから、半分を固定金利型で、残りを変動金利型のミックスにしたらいいかも?

でも、そんなことはありません。もちろん良いところ取りの商品ではあるため、金利上昇があった場合にも、このまま低金利で完済を迎えた場合にも、どちらかの恩恵を受けることができる商品です。
61a4ca8123408b327c696cb5dc2a8580_sしかし本来は固定金利タイプの世帯が、変動金利タイプにも片足を突っ込んでいることで、金利上昇にビクビクしなければならなくなります。また、リスクを取って安く済ませようと本来であれば変動金利タイプを選ぶ世帯が、念のためにと固定金利タイプにも手を出すことで、低金利状態のまま完済を迎えればかなり損をした気分になってしまいます。

まとめ

それぞれの金利タイプには、利用する方へ向けた根本的なメリットが存在しています。デメリットカバーのためにもう片方に手を出してしまうよりも、他の運用方法で財源を確保する方が賢明だといえます。

繰り上げ返済が新たなリスクを生むように、二兎を追う者は一兎をも得ずということわざの如く、住宅ローンという問題でも、一本に的を絞ることをオススメします。

そのためには世帯の特徴をキチンと把握し、どちらのタイプなのかを見誤らないことが大前提です。毎日の生活に「リスク」という要素を、楽しめるスパイスとして投入するのか?しないのか?が大きな判断基準になってきます。

ちなみに、住宅ローンの事前審査には、複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイトを活用するのが便利です。下記のサイト「住宅本舗」は国際規格であるISO27001を取得し、関係省庁、提携している金融機関からの許諾を得ているサービスなので安心です。

>>住宅ローン一括審査申込はコチラ

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top