マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【独身女性の老後】マンションは購入or賃貸 どっちがいいの?

【独身女性の老後】マンションは購入or賃貸 どっちがいいの?

「もしかして、このままずっとひとりかも?」シングルの女性は、アラフォーに入る頃から、老後を安心して迎えるために、終の棲家となるマンション購入を検討する方が多いようです。

でも、マンションを買ってしまうと、独身を貫き通す意思表明みたいになってしまうし、ローンを背負うことを考えたらもう少しこのまま賃貸のままでもいいのかなとも悩んだりもします。

おひとりさまのシングル女性が考えるマンション購入か、賃貸か、それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンションを買うメリット・デメリット

おひとりさまがマンションを買う最大のメリットは、「老後に暮らす家がある」という安心感でしょう。ローンを完済すれば、そこが自分の終の棲家となります。持家なので、老後は暮らしやすいようにバリアフリーにすることも可能です。

一方、デメリットとしては、病気になって働けなくなった時にも、ローンの支払いは続いていくということです。また、固定資産税や火災保険、あるいは修繕積立金など、賃貸の時には考えなくて良かった費用がかかるということもあげられます。もしもこれから先、良い出会いがあって結婚することになった際には、二人暮らしには部屋が狭かったりして、住めなくなる可能性も出てきます。

賃貸のままでいるメリット・デメリット

賃貸でいるメリットは、気軽に住まいを変えられるということ。収入が減ってしまった場合、今の住まいから安い所を探して引っ越せば良いし、現役時代は都心に近く、引退したら郊外の賃貸料も物価も安くて暮らしやすい場所に引っ越すということも可能です。何よりローンや諸経費の支払いがない分、賃貸に払った残りでせっせと老後資金を貯めることも可能です。

賃貸のデメリットは、終の棲家があるという安心感が持てないこと。仕事があるうちは良いのですが、現役引退した後も賃貸を払い続けるだけの余分な老後資金を用意しておく必要が出てきます。また、高齢になってから引っ越そうとしても、孤独死などを心配されてなかなか貸してもらえない可能性もありますし、今の賃貸を老後に向けて暮らしやすくリフォームすることもできません。

結局どちらが良いの?

このように、マンション購入も賃貸も、メリット、デメリットがそれぞれあり、どちらが良いとは一概に言えません。「おひとりさまだから、こうあるべき」と決めつけるべきことでもなく、こうすれば安心という正しい答えもありません。自分自身のこれからの人生設計・人生計画と仕事や収入の状況を考えることが大切で、答えは色々あって然るべきとも感じます。

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

いくつか経験者の実感を集めてみましたので、参考にしてください。

  • マンションを購入して、とりあえず生涯住むところは確保したという安心感が生まれた。またローンを返すぞ!という意気込みで仕事にも張り合いが出た。
  • 大学卒業後から賃貸に住み続けてウン十年。今までに払った家賃の総額を考えたら、マンションの1つも買えてたんだなぁと少し後悔する気持ちがある。
  • 1LDKのマンションを購入して終の棲家と思っていたが、40歳過ぎて知り合った男性となぜか意気投合して結婚することに。彼が転勤族なので、このマンションをどうするか困っている。

おひとりさまマンションを選ぶポイント

色々考えて、マンション購入を決意した場合は、老後まで安心して暮らせることと、万が一人生計画が変わった場合に備えた物件選びをすることが大切です。マンション選びのポイントをあげてみましょう。

女性のひとり暮らしなので、管理や警備システムがしっかりしている物件

しっかり管理が行き届いているマンションは、防犯の面でも安心ですし、マンションの住民同士の関係も良いところが多いです。

近くに商店街や医療機関が揃っていて、退職後も安心して楽しんで暮らせる物件

今はネットショッピングがあり、家に居ながらにしてなんでも揃いますが、現役引退後、外に出なくなるのは良くありません。昔ながらの活気ある商店街が近くにあれば、小さな交流が生まれて淋しくありません。また、ひとりだからこそ健康には気を付けたいもの。内科、整形外科、歯科などの医療機関が近くに揃っていれば安心です。

立地がよく、将来住まなくなっても売却や賃貸がしやすい物件

人生設計はある日突然変わるもの。いろいろな事情でマンションに住めなくなった際に、賃貸に出したり売却したりがスムーズに行くような優良物件であると安心です。新築マンションにこだわる必要はなく、それよりも中古マンションでも今の魅力が数年後、十数年後にも目減りしないような物件がいいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今の世の中、安心して老後を過ごすためには結婚していないと不利、なんてことはありません。この社会情勢、一寸先は誰にもわからないのです。

しっかり自分の足で立って、その上で周りの人とより良い関係が築けたら、おひとりさまの人生も捨てたものではありません。住宅購入は一生で一番大きなお買い物。これからの自分の人生をじっくり考えて、良い物件を探してください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top