マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

一戸建ての広〜い空間が手に入る!メゾネットが叶えてくれる夢と現実

一戸建ての広〜い空間が手に入る!メゾネットが叶えてくれる夢と現実

総合的に考えると、やっぱりマンションが良い!けど、広さも欲しい…そんな方にお勧めしたいのがメゾネットタイプの間取りです。何となくのイメージはあっても、特徴やメリット・デメリットを知らない方も少なくありません。
そこで今回は、基本情報からこのタイプの間取りに向き・不向きの方まで、幅広く解説していきます。
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

そもそもメゾネットって?

maisonnettePhoto by リゾートホテル マハイナ

ロフト構造と混同してしまいがちですが、構造自体が異なります。簡単にいえば、1住戸の中に、2層以上の空間がある間取りのことです。つまりは、内階段のあるマンションやアパートのことを指します。集合住宅でありながらも、一戸建てに住んでいるような感覚で生活を送ることができます。

メゾネットの物件数そのものが少ないため、希少価値は高くなります。なぜなら通常の物件においては、最上階とその下階をこのタイプにするなど、物件全体ではなく、特定のフロアのみに設けられるケースが多くなるためです。

広くて快適!開放的な空間がもたらすメリット!

80cec81c1f990c7df8bb340853f3015b_sマンションの良さと、一戸建ての良さを、いいとこ取りしたのがメゾネットタイプの特徴です。室内に内階段があるため、集合住宅内に満足のいく空間が広がります。またバルコニーが2層に存在するため、十分な採光や通風を確保することができます。小さなお子さまがいる世帯であれば、2階で遊ばせることにより、下の階への騒音を気にせず生活を送ることも可能です。

また広い空間を活かして、夫婦別々の寝室を設けることも可能です。1階と2階で異なった空間を楽しめるため、どちらかを応接用にキレイにしておき、急な来客時にも対応できるなど、使い方は様々です。

一戸建てのデメリットともされていた最寄駅からの遠さも、マンションであれば駅近物件が多くなります。集合住宅でありながら、一歩足を踏み入れてしまえば、室内に階段の広がる空間は一軒家にも引けを取りません。

あれ?こんなはずでは…隠れたデメリットとは?

be13f4531742ee25d72a991f90bb6149_sメリットがあるということは、デメリットも存在します。象徴として挙げられる階段ではあるものの、室内に設けられるため、有効な面積が減ってしまう点は否めません。また、バリアフリーへの対応が難しく、家事動線にも工夫が必要となる間取りです。

階段があることで、家庭内での転落事故の危険性もあり、吹き抜け部分の電球や、窓・エアコン掃除には、はしごが必要になってしまうこともしばしば。天井の高さゆえ、空間全体を暖めたり、冷やしたりするため、電気代もかなり高くなってしまいます。

また、1階と2階の生活騒音が気になるのでは?と多くの方が心配されます。しかし、家庭内で発生する生活音よりも、隣の住戸との間の騒音に悩まされる方が多くなります。メゾネットタイプならではといえますが、自室と隣の住戸がそのまま同じ間取り、もしく鏡に映したように左右対称になっていることも少なくありません。そのためトイレや寝室が綺麗に隣同士になっており、建物の構造によっては、かなりの音が響いてきます。

向き・不向きが明確な間取り

メリットとデメリットがしっかりと浮かび上がるため、この間取りへの向き・不向きな方の特徴も把握しやすくなっています。

おすすめしたい人

・20代〜30代前半のカップル、新婚さん、単身
・駅近で広い空間に住みたい
・友人を招くなど来客が多い
・インテリアなどの内装にこだわりがある
・みんなとは違う空間で生活をしたい
・本当は一戸建て希望だったけど資金面で実現できなかった

おすすめできない人

・高齢者や赤ちゃん、妊婦のいるご家庭
・バリアフリーを検討しいている
・家庭内で生活スタイルが大きく異なる
・生活動線を優先したい

まとめ

おすすめできない要素といっても、一軒家に住んでいる方であれば、同様のことがいえるため、深く考える必要はありません。マンションという集合住宅目線でのデメリットとなるポイントです。

広い空間や室内の階段を手に入れられることが、住む方によってメリットとなり、デメリットとなります。珍しい間取りであるだけに、実際の生活がイメージしづらいという理由で敬遠されてしまいがちです。しかし、一戸建てとマンションで迷われている方であれば一度、検討されてみる価値は多いに残されています。

著者について

マンションジャーナル編集部HASHIMOTO
元不動産業界紙の新聞社記者。銀行や不動産会社の勤務経験もあり、宅建や証券外務員、ファイナンシャルプランナー、色彩検定などの資格を取得。住宅の選び方から住宅ローン、インテリアまで幅広いテーマで執筆中です。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top