マンションジャーナル

マンションジャーナル

【女子必見!】パリジェンヌのインテリアで女子力アップ

【女子必見!】パリジェンヌのインテリアで女子力アップ

個性を大切にするフランスだから、パリジェンヌにとってはファッションと同じように、部屋のインテリアも自分を演出するための大切なもの。個性豊かで素敵な部屋に住んでいます。パリジェンヌが暮らすパリのアパルトマンを参考に、お部屋をより素敵にしてみませんか。大好きなものだけを集めて並べて、宝石箱を開けたような素敵な部屋ができあがり。きっと女子力もアップするはずです。

宝石箱イメージ

色を多用しているのに落ち着く部屋

芸術の都パリだから、キャンバスに絵を描くようにインテリアを選ぶパリジェンヌたち。

ファッションセンスで培った選択眼の賜物でしょうか。自分の好きな色、似合う色がわかっているから、失敗はないのかも。アンティークの家具やアートもうまく取り入れて、色遣い鮮やかでも落ち着く部屋になっています。

部屋

もし色の組み合わせに自信がなければ、白やベージュを基本にして、赤などのアクセントカラーを使ってみるのも素敵です。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

窓際の演出こそパリジェンヌの極意

窓

冬の日照時間が少ないパリだから、自然の光を大切にしたいもの。カーテンのレースや柄にもこだわって、窓際をセンス良く飾るのがポイントです。窓際に小さなテーブルと椅子を置いて、カフェ風にしてみてもいいですね。

ベッドサイドは小物までこだわる

ベッド

快適な睡眠こそ、美の秘訣。これはパリジェンヌだけでなく、女性なら世界共通のこと。ベッドの上は睡眠の場であると同時に、就寝前の寛ぎの場にもなります。だったら、ファブリックにもこだわって、クッションも沢山置いてみましょう。そしてベッドサイドには、お気に入りのものを置いて、ロマティックだけど甘すぎない居心地良い空間を作りましょう。

キッチンは魅せる

キッチン

キッチン飾り

狭いキッチンでは、道具は表に出したままになりがちです。だったら、見られることを意識して、飾るように置いたりぶら下げたりしてみましょう。いくら仕事が忙しくても、休日には本格的なお料理に挑戦して、旦那様や彼の胃袋をつかみましょう。今フリーのあなたなら、今が自分磨きのチャンスです。女子力アップ!

照明

ランプ

パリのアパートの写真集などを見ると、狭い部屋でも照明にこだわっています。カラフルだけど気持ちが落ち着く居心地良い空間になるか、色がごちゃごちゃした落ち着きない部屋になるかは照明次第。ミニのシャンデリアにしたり、間接照明にこだわってみるのもいいですね。

花を飾る

花瓶の花

生活に花を欠かさないようにしたいですね。いつも買った花ではなくてもいいのです。野の花でも、花ではなくプランターのグリーンを一枝切ったものでも。いろいろな形のガラス瓶にそれらを1本ずつ差せば、まとまり感が出てきますよ。

まとめ

少し前に、「フランス人は10着しか服を持たない」という本が話題になりましたが、シンプルに美しく暮らすには厳選したお気に入りだけを残して整理することも必要です。

アンティーク、といっても高級なものではなくていいのです、ビビッときた長く使えそうな家具や小物を取り入れて、○○テイストと言ったインテリアスタイルにはこだわらずに、自分らしさが出せて、居心地の良い部屋。そんなパリジェンヌのインテリアで、女子力アップしてください。

インテリアショップ・イーナ

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top