マンションジャーナル

マンションジャーナル

ドムスシリーズの最高峰!「ドムス南麻布」ってどんなマンション?

マンションジャーナル最新記事

More
ドムスシリーズの最高峰!「ドムス南麻布」ってどんなマンション?

ドムスシリーズは、知る人ぞ知る最高級のビンテージマンション。1979年から93年の間に建てられた20棟の中で、最も有名で高額なのが「ドムス南麻布」。

ドムズシリーズの集大成と言われる物件で、竣工は1993年の8月。分譲時の平均価格は188,930万円。最高価格が275,250万円と、桁外れな超ド級高額物件でした。

そもそも都内の一等地に建てられているので、土地代が高いところに総戸数15戸ですから高額なのは納得できます。とはいえ、いくら南麻布が高級住宅地といっても1戸あたりの平均価格が188,930万円というのは高過ぎますよね。それでも購入する人がいるのですから、それだけの理由があるはず。18億円もするマンションを買えるのは、物の価値が分かる超がつくお金持ちでしょう。そんな目の肥えた人たちを唸らせる、「ドムス南麻布」の持つ魅力とは何かを探ってみました。

こだわり抜いた建築資材と一流の職人技がコラボした居住空間

まず、居室の内装に使われている木材がすごいです!

バーズアイメープルという、カナダ産の超高級メープル材。これは、2,000本に1本という割合でしか採れない希少な木材です。表面に現れる玉粒状の美しい模様が特徴で、その杢目が鳥の目に似ていることから「「バーズ・アイ・メイプル」と呼ばれています。耐久性が高く優れた強度を持った木材で、光沢のある美しい杢目から「木の大理石」とも呼ばれています。高級車で有名なロールスロイスの内装にも使われている希少な木材ですから、当然のごとくお値段も超高価。

それほどの資材を使うのですから、その良さを活かせる技術が必要になります。ということで、大工として別格の技術を持つ宮大工を起用し、塗装は宮内庁造営を手がける職人が施すというこだわりぶり。下世話な表現ですが、職人さんたちの手間賃もさぞかし高価だったのでしょうね。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

徹底した坊音対策と高級な設備

床の仕様は厚さ280mmの防振材を8段重ねた浮床工法を採用し、防音・防湿・防振動の効果的を上げています。また、戸境壁や間仕切り壁には鉛の板をはめ込み、徹底した防音対策を施してあります。

キッチンは、ドイツの高級メーカーであるジーマティック社製。このメーカーのシステムキッチンだと最低で500万円、ちょっとこだわれば軽く1,000万円を超えてしまう高級品ばかりです。その代わり、一生モノどころか何代にも渡って使い続けられる名品でもあります。その他にも、浴槽や便器などはフランスのジャコブドラフォン社製、ドアハンドルはフォンテーヌ社製、照明器具はバカラ社製を使うなど、正に贅沢三昧の豪華な仕様になっています。

贅沢過ぎる住空間と施設の数々

居室の天井高は3メートル、専有面積は平均197.0m²で中心の間取りは34LDK。この間取りで100㎡もあれば広い方なのに、その倍近くの197.0m²が平均というのですから贅沢な住空間ですね。

そして館内には居住者専用の屋内プールやサウナ、屋外にはジェットバスも。それから、選任のインストラクターがいるヘルスクラブ。地下の駐車場は15戸なのに30台分あります。一世帯に車2台はOKということでしょうか。一般的な都心のマンションでは考えられないことですね。

セキュリティは、今では珍しくありませんが、管理人常駐住み込みで24時間の管理体制。夜間は、警備会社の警備員が巡回勤務しています。

現在、売りに出ている物件

3階部分 3LDK  35,000万円
  • 専有面積183.62m²  
  • バルコニー面積46.28m²
  • 管理費226,231円/月
  • 修繕積立金33,300円/月
  • その他費用12,120円/月
  • 給湯基本料10,000(使用料650)
  • 水道基本料210
  • 2台分の地下平置駐車場所有権付
  • 地下トランクルーム所有権付
2階部分 3LDK 24,800万円
  • 専有面積152.12m²  
  • バルコニー面積35.65m²
  • 管理費129,771円/月
  • 修繕積立金27,600円/月
  • その他費用合計 68,117円/月
  • 内訳 給湯基本料:10,000円/月
  • 水道基本料:2,120 円/月
  • ヘルスクラブ利用料:55,997円/月
  • 屋内平置駐車場・地下トランクルーム所有権付き

管理費が一般的なマンションに比べると一桁違いますね。しかし、数百戸もあるタワーマンションと違って、僅か15戸でこの設備ですから管理費が高くなるのも頷けます。

まとめ

35,000万円という別世界の値段。でも分譲時の価格に比べるとかなりお安いようです。はじめに18億円という数字を見せられると、3億円が安く感じてしまう人間の感覚は面白いですね。あまりにも庶民感覚からかけ離れていて、感覚が麻痺してしまいます。直ぐ側まで行けたとしても、そこにある生活は遥か彼方の別世界。そんなドムス南麻布のお話でした。

eye catch photo by SATOHIDE

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top