マンションジャーナル

マンションジャーナル

30代半ばでマンション購入、それともこのまま賃貸?後悔しない選択をするためのアドバイス!

マンションジャーナル最新記事

More
30代半ばでマンション購入、それともこのまま賃貸?後悔しない選択をするためのアドバイス!

30代の半ばになると、マンション購入を検討し始める人が多くなるようです。思い切ってマンション購入か、このまま気楽に賃貸暮らしを続けるかで迷う方も多いのではないでしょうか。賃貸かマイホーム購入のどちらが得かという問題は、突き詰めていくと個々の価値観に行き着きます。ですので、数字の対比で損得を考えるのではなく、資産を持つことの意味を客観的な視点で考察してみましょう。

資産を持つか持たないか

賃貸とマンション購入の決定的な違いは、資産を持つか持たないかです。仮に、家賃とローン返済額が同じだとしましょう。その場合、財布からで出て行く金額は同じです。しかし、先々の結果に大きな違いが生じます。賃貸で家賃をいくら払い続けても、資産になることはなく何も残せません。けれど住宅ローンの返済が終われば、そのマンションを資産として子供に残すことができます。子供にとってそれが必要かどうかは議論の余地がありますが、少なくとも生きてきた証を形にして残すことはできます。

30年ローンを完済する頃には、老朽化して資産価値がなくなるという意見もあります。しかし近年の中古市場では、築30年以上のマンションが活発に取引されています。ビンテージマンションになると、築40年を超えても高値が付いているのは誰もが知るところです。ビンテージマンションは別格ですが、一般的なマンションでも30年で資産価値がなくなることはありません。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

賃貸でも金利を負担している?

マンション購入のために住宅ローンを組めば、当然のことながら金利を負担しなくてはなりません。賃貸ならその必要はない、誰もがそう思うでしょう。でも、実はそうでもないのです。

多くの場合、家主はローンを組んで賃貸物件を購入しています。そういうケースでは、家賃収入からローンの返済金や諸経費を差し引いた残りが家主の利益になります。つまり、家賃には家主が賃貸物件を購入した際の金利が含まれるという構図ですね。結果的に、借主は家主の資産形成のために金利を負担しているわけです。これをどう捉えるかは、人それぞれでしょう。住まいを提供してもらう対価として割り切るか、自分の資産形成に投資することを選択するかですね。どちらが建設的な支出なのか、良く考えてみてください。

資産を保つ価値

マンションを購入すれば、固定資産税や管理費、修繕積立金などのコストが掛かる上に住宅ローンという大きな借金をすることになります。確かに住宅ローンは借金ではありますが、それだけの借り入れができる信用があることの証でもあるのです。その意味で、社会的な信用を得るには資産を持つことは有効な手段の一つです。そして地に足をつけて生きるという意味でも、マイホームを持つことには価値があるといえるでしょう。これは、金銭的な損得とは別次元のファクターとして考慮すべきことです。

目先の数字に惑わさてはいけない

不動産を所有すれば、固定資産税などの税金を払わなければなりません。これらの税金は賃貸では不要です。しかし借金してマンションを購入すれば、住宅ローン減税で所得税の還付を受けられます。でも賃貸している場合は、そういった税金の還付はありません。細かく計算すれば、数字の上での損得は出てくるでしょう。しかし、計算の仕方や物件によって数字上のメリット・デメリットが違ってきます。つまり、視点を変えればまったく違う結果になるということです。目先の数字だけで検討しても、かえって迷うだけで納得のいく答えは導き出せません。

まとめ

賃貸かマンション購入かを選択する上で、金銭的な損得を基準にして判断するのは賢明ではありません。大切なのは、マンションという資産を持つことが自分や家族にとってどういう意味があるかを考えることなのです。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top