マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

介護保険で住宅リフォーム!〜介護が必要になった時のために〜

介護保険で住宅リフォーム!〜介護が必要になった時のために〜

家族に介護が必要となった時、早く進めておきたいのが住宅リフォームで自宅をバリアフリー化することです。要支援や要介護の認定を受けた方が家庭にいる場合、20万円を限度として、費用の9割が工事費用として介護保険から支給される『高齢者住宅改修費用助成制度』があります。

年を取ると、ちょっとした段差でも転んで骨折ということになりかねません。腰や足を骨折して入院して、そのまま寝たきりになり、認知症になってしまうという例が多く聞かれます。

しっかり制度を知って、介護の必要な家族のために、そして介護する側の負担を少しでも減らすために活用しましょう。

受給の対象者

受給の対象者になるには、以下の条件が必要です。

  1. 要支援、または要介護の認定を受けていること
  2. 改修予定の住宅の住所が、対象者の介護保険の被保険者証の住所と同じであること。また本人が実際にそこに住んでいること。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

助成金額

助成額は工事費用最高20万円を限度とし、その9割が支給されます。(助成18万円、本人負担2万円)

工事費が24万円だったとしたら、オーバーした分は自己負担となりますので、助成18万円、本人負担6万円となります)
助成は原則として一生涯に1人につき20万円(18万円)です。(例外もあるので、これについてはケアマネージャーに確認してください)
ご夫婦の場合、一生涯につき20万円×2人分の40万円が工事可能です。手すり工事は夫の介護保険で、そしてまた必要が出てきた場合、たとえば「お風呂の改修は妻の介護保険を使って」という風に両方を使うことが可能です。

助成金支給対象となる住宅リフォーム工事

助成が受けられる工事には、以下の種類があります。

  1. 手すり取り付け
  2. 段差解消
  3. 滑り防止及び移動の円滑化のための床材の変更
  4. 引き戸等の扉の取り替え
  5. トイレを洋式便器等へ取替
  6. その他、15の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

それぞれに細かな規定がありますので、担当のケアマネージャーに相談してください。

助成手続きの流れ

  1. ケアマネージャーに相談する
  2. 施工業者も交えて住宅改修プランを立て、見積もりを作成してもらう
  3. 事前申請
    ・支給申請書
    ・住宅改修が必要な理由
    ・工事費見積書
    ・住宅改修後の完成予定の状態がわかるもの(写真や図面を用意します)
  4. 住宅改修費の支給申請・決定
  5. 施工・完成
  6. 支払い
    ・一旦利用者本人が全額を支払っておく必要があります。
  7. 書類提出
    ・住宅改修にかかった費用の領収書
    ・工事費の内訳書
    ・住宅改修完成後の状態を確認できる書類
    (改修前、改修後、の両方がわかる写真だと可)
    ・住宅所有者の承諾書
    (住宅の所有者に当該利用者の名前がない場合、所有者からサインをもらう)
  8. 保険給付分の支給

市区村によって詳細は違いますので、ケアマネージャーに確認してください。

まとめ

お年寄りには、少しでも長く元気でいてもらい、できれば寝たきりにならないで楽しく生活してもらいたいものです。その生活が少しでも長く続くよう、家の中に安全な環境を作り、歩いたり自分でできることは自分でやってもらうことはとても大切です。介護保険制度や住宅リフォームのことをよく学んでおくと、知らなかったら見過ごしてしまう公的な援助がわかってきます。公的な支援も含めてまわりの支援を積極的に取り入れて、無理のない介護を実現させてください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top