マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【キッチンリフォーム】誰もが悩むキッチンカウンター、素材それぞれの特徴とは?

【キッチンリフォーム】誰もが悩むキッチンカウンター、素材それぞれの特徴とは?

キッチンのリフォームで、劣化したキッチンカウンター(天板)の交換を考える方も多いのではないでしょうか。今使っているものと同じでいいのか、もっと掃除しやすい素材を選ぶか。調理時に必ず目に入る重要な部分ですから、大変悩むところです。そこで今回は一般的な素材から高級品まで、キッチンカウンターに使われる素材の特徴を挙げてみたいと思います。

ステンレス

熱や汚れに強く衛生的、業務用キッチンに使われていることからもわかるように耐久性も大変すぐれています。金属ですがサビにくく、日本の湿気が多い気候には向いています。

ボコボコと水音が反響する昔のステンレスキッチンを想像する人もいるかもしれませんが、最近のステンレスキッチンは音を抑える工夫がされており静音性も高まっています。

サッと拭けば汚れも落ちるのでキッチンカウンターだけでなく、キャビネットの中までキッチン全体をオールステンレスにするご家庭も増えているようです。

ただ、いかにも鉄の塊で見た目の印象が冷たく、傷がつきやすいことがデメリットですが扉カラーは木目などデザイン豊富ですし、ヘアライン仕上げやバイブレーション仕上げを表面に施すことで傷をつけにくく、目立たなくすることができます。とにかく丈夫ですので遠慮なしにガンガン料理をし、キッチンを使い倒したい人におすすめです。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

人工大理石

あこがれを持つ人が多く、根強い人気を誇る人工大理石は値段によってランクがわかれます。ポリエステル製のものは安価ですが変色しやすく汚れやすい、強度や質感も若干劣る素材です。コーリアンという米国デュポン社製の人工大理石はアクリル製で熱に強く汚れにくい、まさに大理石にも見える高級品です。

人工大理石のデメリットはうっかり熱い鍋などを置くと変色してしまうこと、天然石に比べて柔らかく傷つきやすいことです。実際に大理石は使われておらず樹脂製ですがコストパフォーマンスに優れ、色や柄も豊富でインテリアとのコーディネートがしやすい素材です。

天然石

重厚で本物の手触りや色合いを楽しめます。吸水性がほとんどなく耐熱性や強度にすぐれ、汚れにも強いです。多くの場合は御影石ですが、大理石も使われます。デメリットは搬入、加工に手間がかかり値段が高くなってしまうことと、場合によっては床の補強が必要になるほどの重量です。そして強度が高く硬いため、皿やグラスを置いた際に割ってしまうことがあります。

人造石(クォーツストーン・サイルストーン・フィオレストーンなど)

最近人気を集めている人造石は、水晶に樹脂をまぜてプレスした新素材です。天然石のような高級感と質感を持ちながら天然石よりも軽量、酸や油に強く耐水性や耐久性を兼ね備えた完璧といえる素材です。水晶の含有量が90%を超えるものもあり、色も豊富です。高級オーダーキッチン会社が取り扱うことからわかるように、価格が天然石とほぼ変わりません。現時点では富裕層向き商品といえますが、リフォーム予算が許すのであれば候補に入れる価値はあります。

まとめ

キッチンを決める時に最も悩むと思われるキッチンカウンターですが、自分のライフスタイルや料理スタイル、予算に合う素材を選ぶのが一番です。最も大切なのは汚れたらすぐに拭き取り、その日のうちに掃除をすること。せっかくリフォームで手に入れた美しいキッチンです。いつまでも綺麗な状態を保ってあげてください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top