マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

年収400万でも“無理なく”買える!70㎡以上のプチ贅沢マンション特集!

年収400万でも“無理なく”買える!70㎡以上のプチ贅沢マンション特集!

平均的な分譲マンションは60~70㎡の3LDKという間取りが主流。ということは、70㎡以上のマンションに住むのはプチ贅沢なのではないでしょうか?どうせなら、平均的な70㎡を超える広いマンションに住んでみたい。そう思う方も、少なからずいるでしょう。

とはいえ、広くなれば価格も高くなります。ちなみに都心では、専有面積50㎡以上の新築マンションだと、最低でも6,000万円、70㎡を超えると1億円前後という価格です。中古でさえ最低3,700万円、5,000万円以上は当たり前です。そうなると、年収400万では首都圏で70㎡超えのプチ贅沢マンションは高嶺の花なのでしょうか?

いや、そう思って諦めるのはまだ早いです!

今回は年収400万円でも“無理なく”買える、首都圏で70㎡超えのプチ贅沢マンションを探してみましょう。

超低金利の今だから買える70㎡超えのマンション

独身者、もしくは夫婦二人なら、取り敢えず40~501㎡程度のコンパクトマンションを購入して、家族が増えたら広めのマンションに買え替える。それも一つの方法ですが、しかし、その時に経済情勢がどうなっているか分かりません。手持ちのマンションがいくらで売れるのか分からないですし、そもそも住宅ローンの金利が上がる可能性もあります。であれば今の超低金利を活用して、広いプチ贅沢マンションを購入するという考え方もあるのでは。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

いくら借りられるかより、いくら返済できるか

給与所得者の平均年収は、414万円。住宅ローンの返済額は、年収の30%が目安ですから年間約124万円。ボーナス無しの均等払いで、月々10万円強の返済額ということになります。しかしそれは、あくまで上限。実際のとことは、年収の20~25%を目安にして資金計画を立てるのが現実的です。30代なら、将来に向けて子供の教育にお金がかかる世代。ですので、ある程度の余裕を持った返済計画を立てる必要があります。

では、年収400万円でも無理なく買えるマンションの価格とは。仮に頭金ゼロで想定すると、概ね2,000万円といったところでしょうか。2,000万円のローンを35年の固定金利で組むと、月々の返済は約7万円。つまり、年収400万円なら約20%ということになります。では、2,000万円以内で買える70㎡超えのマンションはあるのでしょうか。

そんな夢のようなマンションを実際にリストアップ

年収400万円でも“無理なく”買える、東京郊外の駅近70㎡超えマンション

2,000万円以内で70㎡超えとなると、やはり郊外ということになるでしょう。しかし、郊外で駅から遠い物件となると通勤が不便という懸念があります。毎日の通勤や生活の利便性を考えると、駅に近いことが条件になるでしょう。ということで、徒歩5分圏内の駅近プチ贅沢マンションを探してみました。

年収400万円でも“無理なく”買える、東京23区内の70㎡超えマンション

残念ながら23区内では、徒歩5分圏内で70㎡超え2,000万円以内の物件を見つけるのはほぼ不可能。そうはいっても、23区内にこだわりたい方もいるでしょう。どうしても23区内ということなら、駅近という条件を妥協するしかありません。ということで、徒歩15分圏内でプチ贅沢マンションを探してみました。

東京都内にはこだわらない、横浜の70㎡超えマンション

勤務先が東京都内でも、横浜から通うことは十分可能です。東京郊外と比べて、通勤時間はさほど変わらないケースも多い。それに都内を離れれば、物件価格も安くなる可能性があります。ということで、横浜市内で駅から徒歩5分圏内で70㎡超えのプチ贅沢マンションを探してみました。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top