マンションジャーナル

マンションジャーナル

住宅ローンの返済に困ったら?考えられる3つの解決策!

住宅ローンの返済に困ったら?考えられる3つの解決策!

住宅ローンを組んで手に入れた夢のマイホーム。しかし会社の業績不振による給料カット、ボーナス減額、体調不良による休職、リストラなどの収入の減少。あるいは思いがけない出費によってカード、車のローン返済までもが滞り、ついには身動きが取れなくなるケースも多いです。

そこで住宅ローンの返済が滞ってしまった場合どうなるのか、そしてどうすれば家を失わなくて済むのかをこちらで説明します。

住宅ローンが返済できなかったら一体何が起こるの?

まずローンは1ヶ月返済が滞っただけで銀行から督促がくることがあります。電話だけならまだしも、突然内容証明郵便が送られてくることもあり「1ヶ月ぐらいで…」と考えるのは非常に甘く、金銭の貸し借りですから取り立ては非常に厳しく行われます。

内容証明郵便の内容はその住宅ローンだけではなく、あなたが持っている車やカードその他のローンすべてを直ちに返済しなさいという内容です。住宅ローンすら払えないのにとても不可能ですが、もしあなたがその返済を実行できずにさらにもう1ヶ月、つまり住宅ローンの返済を2ヶ月滞納すると銀行や住宅金融支援機構から「代位弁済手続き開始の予告」という通知が来ます。

その内容は「このまま住宅ローンの支払いを放置し3ヶ月がすぎるとあなたのマイホームは競売にかけられます」という通知です。ここでいう住宅ローンの返済とは今まで通り1ヶ月ずつの分割ではなく、ローン全額一括返済のことになります。つまり住宅ローンは3ヶ月滞納すると実現不可能な一括返済を求められ、保証人ともども返済できなければあなたは夢のマイホームを失うことになるのです。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

競売とは

建物や土地の不動産は、裁判所によって競売にかけられます。もうあなたはどうすることもできません。

その売却価格は市場価格の3割~7割程度という叩き売りであり、もし売れたとしても売上金額はすべてが債権者に返却されるので、あなたには一銭も入りません。つまりマイホームを失ったばかりか、債権者への足りない分の負債を払い続ける借金まで背負うことになるのです。

そのようなことになれば、あなたやあなたの家族は絶望のどん底に叩き落とされてしまうでしょう。何とか競売を回避する方法はないのでしょうか。

住宅ローンが返済できない時の救い主!その三つの方法とは?

まずは相談

住宅ローンの引き落としができないと分かった最初の時点で、ローン会社または銀行に相談しましょう。

その際に支払いができなくなった理由が病気での休職などの一時的なものであり、きちんと自分が支払いを続ける能力を持っているということを説明しましょう。

貸し付け側も競売よりはローンの完遂をしてもらう方が利益になりますので、相談に応じてくれる可能性は高いです。支払い期間の延長や、月々の返済額を減らす相談もできます。督促を受ける前にまずは連絡してみましょう。

任意売却

ローン返済を続けるあてがなければ、競売にかけられる前に家と土地を自分で売却しましょう。

競売は前述のように低価格で売買されますので、任意売却を使った方が高い金額で売却できる可能性があります。ただし、売買後の交渉を銀行に対して有利に行うのは個人では難しいと言われています。任意売却の専門家に依頼することも検討しましょう。

任意売却の中にはそのままマイホームに住み続けることができる売却が存在します。「親子間売買」と呼ばれるものです。似たような売買に「夫婦間売買」「親族間売買」があります。子供が住宅ローンを組み、親の土地建物を購入して親が自宅を賃貸するという形をとります。

ただし子供に一定の収入がなければ審査には通りません。とてもいい解決法に思えますが銀行にとってリスクが高く、申し込んでも承認されないことがほとんどです。そして申し込みを却下されればその経歴が6ヶ月間残り、他の金融機関でも承認されることはありません。この形の任意売却を行いたい時も専門家の力を借りれば、なんとか解決策が見つかるかもしれません。

債務整理

これは自己破産や任意整理のことで最後の手段です。

何とかマイホームを残したい時は「個人再生」の手続きをとります。個人再生は住宅ローンの支払い期限延長や個人債務の整理などを行うことができます。これには裁判所の手続きが必要で、個人ではとても処理できません。

弁護士か司法書士に依頼することになりますが金銭的にも負担になりますので、まずはインターネットや役所で定期的に行われる無料弁護士相談を利用するのが良いでしょう。

 まとめ

いかがでしたか。住宅ローンを返済できない恐ろしさとその解決法がお分かりいただけたかと思います。もしローン返済のめどが立たなくても、他の金融機関からお金を借りて穴埋めするのは絶対にやめましょう。住宅ローンは余裕を持った返済計画を最初から立てておき、「返済できないならまず相談」。このことを覚えておいてください。

ちなみに、住宅ローンの事前審査・借り換えには、複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイトを活用するのが便利です。

住宅ローン成功の秘訣は「事前審査」をしっかりと複数の銀行で行うこと。複数の銀行に事前審査を申し込むことによって、自分に合った銀行を見つけ出すことが可能です。

とはいえ、いくつもの銀行に個別で事前審査を申し込むのはめんどくさいですよね。下記のサイト「住宅本舗」はメガバンクからネット銀行・地方銀行まで、一度の手間で事前審査の申し込みが完了してしまうという超便利なサイト。事前審査を考えている方は、まず実施することがお勧めです。

>>まずは住宅本舗のWEBページを見てみる

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top