マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

不動産用語は難しい!買付け・金消・決済とは一体なんだ?

不動産用語は難しい!買付け・金消・決済とは一体なんだ?

住宅購入に際して、法律や金融の用語が不動産会社や住宅メーカーとの会話の中で頻繁に出てきたりします。お客様目線が行き届いている営業マンであれば、専門用語を分かりやすい言葉に置き換えて説明します。しかし、専門用語のままどんどん進めてしまう営業マンが案外多く、聞きなれない言葉に戸惑う事もあるでしょう。今回は、特に商談の中で頻繁に出てくる重要な3つの用語について解説していきます。

「買付け」とは?

買付け(かいつけ)とは物件の購入申込書のことで、正式には「不動産買付証明書」と言います。この書面をもって買主側の購入意思が示されることになります。

内容としては、購入希望金額、売買契約予定日、資金の調達法などを記入し、買主本人の署名・押印をして、不動産会社を通じて売主に提出します。中でも、購入希望金額については買主側の希望であるため、売主が希望する売却金額との間に開きがある場合は、金額交渉することになります。

金額交渉にあたっては、買付証明書を提出する前に不動産会社を通じて事前の交渉を行い、売主・買主双方が了承してから正式に買付証明書を提出するケースもあります。また、売買契約予定日については、住宅ローンの手配なども関係するため、提出から1~2週間後とするのが通常です。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

「金消」とは?

金消(きんしょう)とは金融機関との間で住宅ローンを借りる契約のことであり、正式には「金銭消費貸借抵当権設定契約」と言います。売買契約を締結すると、その後は引渡し向けた準備に取り掛かります。

具体的には、住民票の異動と異動先の公的書面入手、引渡日の確定や金消などとなります。金消の期日については、金融機関によってルールが異なります。引渡日当日でも可能な金融機関もあれば、一定の日数間隔を空けなければならない場合もあります。また、事前の行動や準備書類などがありますので、営業マンとしっかり打合せをしておく必要があります。

「決済」とは?

決済(けっさい)とは引渡しのことで、「売買残代金決済および引渡し」を省略して、決済または残決(ざんけつ)などと言われています。不動産の売買は、代金支払いと物件引渡しは同時で行うのが原則です。一部の例外に、法人どうしの取引などで数日の時間差が生じる場合がありますが、一般的には、どちらかが先になるということは、基本的にはあり得ないと思って下さい。

前述の金消が完了していれば、決済日には買主の口座に住宅ローンの融資金が入金されます。そして、そのお金を売主に対して振込みなどで支払うことになります。同時に、不動産会社に支払う仲介手数料や司法書士への登記費用、保険会社への火災保険料なども支払います。つまり、その不動産取引に関して発生するすべてのお金を清算するのが「決済」になる訳です。

 まとめ

他にもいろいろな専門用語がありますが、前述の3つは特に重要な用語ですので、これだけは覚えておくようにしましょう。もし、営業マンが専門用語を連発してくるようであれば、素人でも分かる言葉で話すよう、クギを差しておくことも必要かもしれません。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top