マンションジャーナル

マンションジャーナル

繰上返済は無用!住宅ローン返済と同時に積立貯金が賢い選択!

マンションジャーナル最新記事

More
繰上返済は無用!住宅ローン返済と同時に積立貯金が賢い選択!

住宅ローンを組む時、5年後とか10年後に繰り上げ返済して、残高を減らすよう勧められたりします。でも、本当にそれが賢い選択と言えるでしょうか?

昭和の頃のように、景気や給与の急激な上昇は望めませんし、一時的にお金が入っても、旅行や遊興費にまわってしまうのが現実ではないでしょうか。また、生活する上でまとまった出費が生じれば、繰り上げ返済に回すはずの貯金を崩さなければなくなります。

では、どうすれば賢い資金計画ができるのでしょう。今回は、繰り上げ返済を利用しないローン計画についてお話していきます。

住宅ローンの返済表を2通り作ってみる。

これは例えば、「住宅ローンを20年で組む場合と30年で組む場合」ということです。他にも、完済年齢が65歳の場合と60歳の場合などでも良いでしょう。ちょっと計算してみます。

住宅ローン2000万円を金利2%にて試算

20年=毎月101,176円 30年=73,923円 差額=27,523円

ここで、27,523円の差額分をどのように扱うかが分かれ道になります。先に述べた「賢い資金計画」という観点で申し上げますと、20年でローンを組んだものと想定して、実際には30年で組みます。差額については、「積立貯蓄」します。これは金融機関の定期積立預金などでも良いのですが、少し有利な金融商品に積立投資するという方法もあります。

金融商品の中には、利回り2.5%~3%程度のものも少なくありませんし、住宅ローンの金利よりも高い利回り(金利)で運用できます。ちなみに、差額27,523円を想定利回り2.5%の金融商品で積立投資すると、税引き前の金額で、10年間で366万円、15年間で579万円、20年で817万円になります。そしてそのお金を繰り上げ返済にまわ・・・しません!

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

積み立てたお金は、来たるべきライフイベント費用に回す

日々生活して行く上では様々なライフイベント(節目の出来事)があり、その中でまとまった出費を要する出来事がいくつかあります。住宅購入後に向かえる出来事として代表的な事と言えば「子供の進学」ではないでしょうか。そう、積み立てたお金は子供の進学費用に充てるのです。

他にも、車の買い換え資金や将来的に独立起業を目指している方の開業資金など、予測されるライフイベントに充てることを目的に「差額積立」を行うのです。

 まとめ

若いうちは明るい将来像を描きますから、往々にして出世払い的に借金が増えて行ったりします。ですから、住宅購入と並行して、予測されるライフイベント費用の確保も想定した「ライフプランニング」をしっかりと立てることをお勧めします。

ちなみに、住宅ローンの事前審査・借り換えには、複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイトを活用するのが便利です。

住宅ローン成功の秘訣は「事前審査」をしっかりと複数の銀行で行うこと。複数の銀行に事前審査を申し込むことによって、自分に合った銀行を見つけ出すことが可能です。

とはいえ、いくつもの銀行に個別で事前審査を申し込むのはめんどくさいですよね。下記のサイト「住宅本舗」はメガバンクからネット銀行・地方銀行まで、一度の手間で事前審査の申し込みが完了してしまうという超便利なサイト。事前審査を考えている方は、まず実施することがお勧めです。

>>まずは住宅本舗のWEBページを見てみる

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top