マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

2倍お得?夫婦で住宅ローン減税・控除を利用する方法と注意点とは

2倍お得?夫婦で住宅ローン減税・控除を利用する方法と注意点とは

住宅ローンを組むと、所得税や住民税が返ってくる住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)という制度を利用することができます。一定の要件を満たすことで借入残高の1%が10年間納めた税金から還付されるというもの。大変利用価値の高い制度ですが、条件によっては夫婦共に利用することでより効果を高められる可能性があります。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

住宅ローン控除は税金が控除されるだけ

借入残高の1%が10年間還付される住宅ローン控除ですが、まず頭にいれておかなければならないことは、この制度は税金が控除されるだけ、ということです。

平成26年4月1日~平成31年6月30日までに利用する場合は、売主が新築マンションなど法人の場合、利用できる借入残高の上限が4000万円までなので、最大で40万円×10年間まで権利を得られますが、40万円還付の恩恵を受けるには所得税と住民税で40万円以上税金を納めている必要があります。(中古マンションなど売主が個人の場合は2000万円(合計20万円×10年間)まで

関連記事:住宅ローン減税・控除の金額の違いと条件を徹底解説!

年収600万円前後の方は、社会保険料控除や配偶者控除などさまざまな控除を差し引いて20万円程度を所得税で納めています。

40万円ー(マイナス)20万円で残額が20万円ですが、この残った20万円は住民税から控除することができます。ただし、住民税の控除額は最大で13万6500円まで。

6万5000円分控除額が余ってしまいました。どうすれば住宅ローン控除を最大限利用することが出来るのでしょうか?

住宅ローン減税はペアローンであれば夫婦別々に利用できる

住宅ローン減税は、上記のようなケースではせっかくの権利を有効活用できません。そこで、奥さんも働いている場合、旦那さん、奥さんそれぞれ住宅ローンを組むペアローンを活用する方法があります。

例えば4,000万の新築マンションで住宅ローンを組む場合、3000万円をご主人、1,000万円を奥様というふうに分ければ、それぞれご主人が年間30万円分までの税金の還付の権利を、奥様が10万円分までの税金の還付の権利を得ることができます。

もしくは、4,000万円の中古マンションを購入する場合、ご主人と奥さんが2,000万円ずつ住宅ローンを組み、上限金額の20万円(2000万円の1%)×2人分、という利用方法も可能です。

ペアローンは産休や育休も考慮する

住宅ローン減税は、住宅ローンを組んでから10年間税額の還付を受けられる制度ですが、産休や育休で働いていない期間もその枠を消費してしまうことになります。産休や育休、子育てに専念するための休職期間を考えている場合には注意しておきましょう。

まとめ

住宅ローン控除制度は数ある住宅関係の特例の中でも大きな恩恵を受けられる可能性のある制度です。ご主人だけでは控除枠を使いきれない場合、控除枠を最大限利用したい場合は、今回ご紹介した内容を参考にしてみていただけたらと思います。

住宅ローン成功の秘訣は「事前審査」をしっかりと複数の銀行で行うこと。複数の銀行に事前審査を申し込むことによって、自分に合った銀行を見つけ出すことが可能です。

とはいえ、いくつもの銀行に個別で事前審査を申し込むのはめんどくさいですよね。下記のサイト「住宅本舗」はメガバンクからネット銀行・地方銀行まで、一度の手間で事前審査の申し込みが完了してしまうという超便利なサイト。事前審査を考えている方は、まず実施することがお勧めです。

>>まずは住宅本舗のWEBページを見てみる

著者について

マンションジャーナル編集部SEGAWA
元々銀行に勤めており、現在は不動産会社兼工務店勤務。
個人でも不動産を1棟所有中。お客様のご相談や、個人での投資経験をもとに記事執筆を行っています。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top