マンションジャーナル

マンションジャーナル

キッチンリフォーム!失敗する前に気を付けるべきことは?

マンションジャーナル最新記事

More
キッチンリフォーム!失敗する前に気を付けるべきことは?

キッチンの経年劣化が目立ってきた、使い勝手の悪さを何とかしたい…。それならキッチンのリフォームを考えてみませんか?今回はリフォーム業者に依頼をする場合の、キッチンリフォームの流れをご紹介します。

どんなキッチンを作りたいか話し合う

スタイリッシュにしたい、食器洗い機を導入したいなど色々希望は出るでしょうが、最もよく使う人の意見を優先するのが一番です。最近では家事動線を短くするために、洗濯機をキッチンの一部に組み込む家も増えています。

またキッチンをリフォームする際にはキッチンの天井や壁、照明、床などもあわせてリフォームすることがほとんどです。考えなくてはならないことはたくさんあります。家族の希望、予算などをよく話し合って決めましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

リフォーム業者の情報を収集する

どんなキッチンを作るかイメージが決まったら次は業者を選びます。最近のリフォーム業界には大手建築会社から量販電気店、インターネット通販業者まで多種多様な企業が参入しています。気にいったシステムキッチンや、どうしても入れたい設備があるのならそれを取り扱っている業者を選ぶ、近所の方がいい、なるべく価格を安く済ませたい、など自分が何を優先するかを意識して業者を選びましょう。

今はわざわざ資料を取り寄せなくても、インターネットでリフォーム会社のホームページ、キッチン設備のカタログ情報を収集することができます。リフォーム会社を地域別に一括検索できるサイトもありますし、近所でリフォームをした方の口コミも参考になります。

見積もりと打ち合わせ

リフォーム業者はまず2、3社選びます。見積もりと図面を比較することによって、自分のイメージや予算に合うリフォーム業者を選ぶことができます。その際は見積もりと図面の作成が有料か無料かをよく確認しておきます。

また業者選びは他にも、ホームページから伝わってくるその業者の雰囲気やリフォームに対する理念、問い合わせ時の電話応対と実際に訪れたときの事務所の印象、担当者の態度や知識、自分たちの要望に無理があっても可能なかぎりそれに応えようとする姿勢を見せるか、など自分たちとの相性を見極めましょう。

リフォームの良し悪しは業者で決まるといってもいいくらいです。アフターフォローの内容も含めて、慎重に選びましょう。気にいった業者が見つかれば正式な見積もりを依頼し、現地調査、契約、打ち合わせに進みます。打ち合わせは納得いくまで行い、気になることや要望はすべて伝えておきましょう。

キッチン設備のショールームにも積極的に出かけ、イメージを固めます。最初の顔合わせから正式な契約まで約1ヶ月、長い場合3ヶ月くらいかかります。いくら時間がかかっても満足できるキッチンができるように打ち合わせを行いましょう。

キッチンの納品、工事

いよいよキッチンのリフォームが始まります。多くの場合工事の前にリフォーム会社がご近所回りをして工事のお知らせと説明をしますが、できれば施主からもご近所に声かけしておきましょう。キッチンの取り外しや設置は、思っているよりも大きな音が出ます。

一戸建ての場合自宅前に工事の車を止めるスペースがなければ、隣接する家の前を借りなければなりません。トラブルを避けるために、業者との打ち合わせやご近所への根回しはしっかりとしておきましょう。

キッチンリフォームの工期は約1週間ほどですが、シンク・コンセント・換気扇などの位置を変える場合には配線や通気口などの位置も変わりますので大掛かりな工事になり、2~3週間かかってしまう場合があります。その間キッチンは使えませんので、対策を考えておきましょう。

まとめ

家の中心であるキッチンのリフォームは頭を悩ませる大仕事ではありますが、最もワクワクするリフォームの花形ではないでしょうか。必ず満足する結果にするため、下準備は完璧に余裕を持って取り組み、理想のキッチンを手に入れましょう。

ちなみにリフォームの相見積もりには、お値段比較で有名な「価格.com」が便利です。匿名で提案・費用見積もりを受けらることが出来、掲載されている会社はすべてリフォーム瑕疵保険に加入済なので万一の工事ミスにも対応出来るのが安心出来るポイントです。

>>無料一括見積もりで提案をかんたん比較 価格.com リフォーム

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top