マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション購入のスケジュールを知っておこう!

マンションジャーナル最新記事

More
マンション購入のスケジュールを知っておこう!

「今度家族が増えるのでマイホームを購入しようかと考えていますが、探すこと、気に入った物件を決めるとき、引越しなど、いつ何をしたらいいのかあらかじめ知っておきたいです!」

マイホーム購入は賃貸アパートを探すのとは違い、一生に一度の経験という方もいらっしゃることでしょう。そのためほとんどの方は知識や経験が少なく、不安を抱えながらマイホーム探しを進めなければなりません。せめて全体のスケジュールがわかっていれば、戸惑うことも少ないでしょう。今回は、住宅購入では「いつ、何をするのか」ということを行動予定リスト形式で説明して行きます。

最初に行くのは不動産会社ではない?

まず、探し始めの時にお勧めするのは、マンションや一戸建てのオープンハウス見学です。実際に物件を見に行き、「自分はここに住むのか?」と自問自答してみるのです。そして、「住んでもいいかな」と感じたら、疑問点を営業マンに質問してみるのです。探し始めの時は「現地の見学→不動産会社で商談」の順番を意識してみて下さい。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

申込みから契約までのスケジュール

疑問点が解消したら、営業マンに「購入の方向で進めて下さい」と伝えます。ここからは、営業マン主導でスケジュールが進みます。まず最初に、申込みから契約までのスケジュールを列記します。

  1. 購入申込書または買付証明書に記名・押印し、売主に提示します。
  2. 金額や引渡し日などの条件について交渉が行われます。
  3. 上記2と同時進行で、住宅ローンの仮審査を申請します(所得証明などの書類の用意)
  4. 交渉がまとまり、ローン仮承認が出たら売買契約日を決めます。
  5. 売買契約を締結します(手付金の支払い)。

交渉~ローン承認~契約が順調に進む場合は、このようなスケジュールで行われます。ただ実際には、売主との様々な交渉や、金融機関から提示されたローン条件をクリアして行くなど、「障害」を解消してから契約を迎えるのが通常のケースです。

引越しまでのスケジュール

次に、契約後から引越しまでのスケジュールを列記します。

  1. 住宅ローンの本審査を申請します(各証明資料の用意)
  2. 金融機関と金銭消費貸借契約(住宅ローンを借りる契約)を結びます。
  3. 住宅ローン資金から残代金を支払い、鍵と所有権の引渡しを受けます。
  4. 引越しが終了して、購入スケジュール完了となります。

引渡し行為は、通常金融機関で行なわれ、登記関係の書類に記入・押印したり、税金などの精算も同時に行います。

まとめ

今回は住宅購入の全体像を把握して頂くため、「行動予定リスト」形式で説明しました。全体的なスケジュールをイメージして頂き、余裕をもって行動して頂ければと思います。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top