マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

リノベーションマンションのメリットと注意点

リノベーションマンションのメリットと注意点

最近テレビや雑誌で、リノベーションされた物件についての特集を目にする機会が増えてきたのではないでしょうか。というのも、現在の日本では空き家問題が深刻であり、こうした現状を打破するための一つの有効な手段として、リノベーションに今注目が集まっているからです。使われていない住宅を上手に活用し、中古住宅市場の流動性を再び取り戻すことで空き家を減少させることが期待されているのです。

リノベーションのメリット

そもそも中古物件をリノベーションする利点とは、一体どういったものなのでしょうか。ここでは主に二点に絞って具体的にお伝えしたいと思います。

1.新築物件より安い

中古物件を購入してから改修を行うリノベーション物件と、新築物件の購入代金を実際に比較してみました。ここではマンションを例にとってみていきます。引っ越し比較・予約サイト「引っ越し侍」の情報によれば、中古マンションの平均購入金額は約2,500万円、一方で新築マンションの平均購入金額は約3,500万円です。そして「HOME’S」によれば、平均的な改修費用は170万円程度となっています。つまり、単純計算にはなりますが、中古マンション購入後に改修を行うと平均2,670万円、新築マンションは平均3,500万円となっており、リノベーションをしたマンションの方が概算でも830万円ほど安くなっているのです。

2.好立地の物件をGETしやすい

好立地で人気もあるような街は、価格が高くなってしまうことは勿論、競争の激しさからどうしても気に入った新築物件が手に入りにくいのではないでしょうか。「住みたい街ランキング」でも毎年上位に入る吉祥寺、恵比寿、横浜などはまさにそういった街の典型です。このような皆がうらやむ街に住む方法として、中古住宅を選択肢に入れることがあります。中古物件にはしばしば掘り出し物が隠れている可能性が大なのです。物件さえ手に入ってしまえば、後は自分好みに改修して理想の街に理想の住宅をGETという流れです。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

「リノベーション」の前に考えるべきこと

ここまで中古物件を購入して改修するリノベーションの魅力について語ってきました。しかし、自分たちで中古物件を探して改修まで依頼することは、実際なかなかハードルが高いと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。実はそういった方にお勧めできるのが、今注目の「リノベーションマンション」なのです。

これは一体どういうものなのかと言いますと、不動産会社があらかじめ中古マンションの購入と改修をしたうえで、お客さんに買ってもらうマンションなのです。そのためお客さんにとっては、新築よりは安くリノベーションされた中古マンションを手軽に買うことが出来るのです。

さらにもう一つ「リノベーション マンション」について特筆すべき特徴としては、デザイナーズマンションのようなハイセンスな内観が挙げられます。

中古物件のリノベーションには多くのメリットがあることを紹介してきました。ただ、自分の手で中古物件探しからリノベーションに関する情報集めまでを行うのはとても大変だと思います。そうした点からも、不動産業界の情報化が進んで、消費者側からの情報へのアクセスがしやすくなることは大変望ましいのではないのでしょうか。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top