マンションジャーナル

マンションジャーナル

2020年Airbnb(エアー・ビー・アンドビー)がタワーマンションの脅威になる?

マンションジャーナル最新記事

More
2020年Airbnb(エアー・ビー・アンドビー)がタワーマンションの脅威になる?

近年、活況を呈しているエアー・ビー・アンドビー。これは空き部屋を貸したい人と、旅行などで宿泊先を探している人をマッチングするサービス。2020年の東京五輪では、宿泊施設不足に対処する手立てとして期待されています。

ところが、どうも良いことばかりではなく、様々な問題を抱えているようなのです。特に、ホテルのような高級感を売りにしているタワーマンションでは深刻な問題になりつつあるようです。

人気があるゆえの脅威

ラウンジやゲストルームなど、共有部分に様々な設備を整えているタワーマンション。それが人気の要因でもあるのですが、ことエアー・ビー・アンドビーに関してはそれが仇になりかねないというのです。

マンション内の共有部分は、基本的に住人とそのゲストだけが使用するのが前提。ですので、共有部分の使用ルールは周知していますから、トラブルが発生する可能性は少ないでしょう。しかし専有部分の使用については区分所有者の自由ですから、エアー・ビー・アンドビーを利用する旅行者に使用させることは可能です。

ですので、もし区分所有者が旅行者に専有部分を貸し出せば、必然的にルールを知らない部外者が共有部分も使用することになります。マナーの良い人ばかりとは限りませんので、住人との間でトラブルに発展する可能性は高く、本来のプレミアム感も保てなく恐れがあるというのです。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

タワーマンションの区分所有者は中国人などの外国人投資家?

今後、都心では中国人をはじめとする外国人が投資対象として区分所有するマンションが、順次竣工していく予定だそうです。投資である以上、高利回りを期待するのは当たり前。一般的な賃貸よりエアー・ビー・アンドビーを活用する方が高利回りとするなら、当然のごとく投資家達はエアー・ビー・アンドビーによる貸し出しを選択するでしょう。そしてエアー・ビー・アンドビーを活用するなら、東京五輪の開催期間中とその前後は絶好の稼ぎ時ということになります。投資家達が、この絶好のチャンスを見逃すはずがありません。

そしてこういった現象は、タワーマンションに限ったことではないようです。それに新築だけではなく、中古マンショにおいても十分あり得ることです。また、投資目的でマンションを購入するのは、外国人だけではありません。一般のサラリーマンなどの個人投資家がマンションを買って、不動産投資をする時代です。空き部屋対策で、観光客の宿泊場所として部屋を提供することはあり得る話です。投資である以上、利回りを維持しなければなりませんから。そのための手段として、エアー・ビー・アンドビーが選択肢に加えられる時代がすぐ側まで来ているということです。

タワーマンションのプレミアム感を維持できるのか?

住人同士だけなら話し合いで対処できるかもしれませが、区分所有者が外国人で日本国内にいないとなると、対策を講じるのは容易ではないでしょう。それに、そこに住むための購入と、投資目的の購入では本質的に価値観や考え方が違います。そういった意味では、投資家達が区分所有者としての権利を主張すれば、法的に対抗するのは難しいでしょう。つまり、マンションから旅行者を排除することは、不可能に近いということです。

何やら、投資家が利益を得るための行為が住人の利益を阻害するという、実に悩ましい構図が想像されますね。こういった状況は、単に管理規約を改定するだけでは解決できない難しい課題を抱えています。そして近い将来、中国人などの外国人観光客がタワーマンションをホテル代わりに利用する可能性があるということです。東京のグローバル化が進むということは、そういった事象も起こり得るということを覚悟しておく必要があります。

新しいマンションの捉え方も必要か

しかし、物は考えようです。拒むことができないのなら、どう受け入れて共存するかを考えるべきではないでしょうか。まず共有部分の使用は住人とそのゲストのみ、そういう考え方を切り替える必要があるでしょう。原則はそうであっても、施設によって部外者の使用を制限するとか有料化することで住人との差別化を図るという方法もあります。

また管理会社の協力を得て、旅行者用のサービスやイベントを企画して積極的に交流するのも良いかもしれません。グローバル化を考慮した、新しい形のコミュニティの形成を試みてはどうでしょう。それと、エアー・ビー・アンドビーによる収益を修繕積立金など将来に向けた準備金に組み入れるという考え方もあるのでは。何れにせよ、後ろ向きになって排他的に考えるのではなく、前向きでポジティブな発想で創意工夫することが大切なのではないでしょうか。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top