マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

【あなどれない!】水回りのチェックポイント

【あなどれない!】水回りのチェックポイント

マンションを買う際に気になるのは立地や値段、それに間取り。その他は具体的にどの部分をチェックすれば良いのかわかりづらいですよね。そこで今回は、マンションを買う際にあまり気にしないけど重要な「水回り」のポイントについてお伝えいたします。

1.キッチンとシンクについて

シンクでチェックするべきところは、水栓金具の首振りの角度です。水栓金具がシンクの端にあると、金具の位置によってはキッチンカウンターから水が流れてしまう可能性があります。首振りの角度はメーカーに言うことで調整が可能なので、不備がある場合は調整をしてもらいましょう。またシンクと壁の間に洗い物が置けるスペースがあるとベストです。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

2.浴室について

浴室でチェックするべきポイントの一つ目は、浴室の広さ。最近のマンションの浴室は広く豪華にする傾向がありますが、広すぎても狭すぎても良くないので、一般的なお部屋であれば縦1.4m、横1.6m程あれば十分です。

二つ目は手すりについて。手すりは後から取り付けるのは難しいので、あらかじめ手すりがついている浴室がおすすめです。

三つ目は浴槽のふたについて。浴槽のふたは、耐水性と保温性に優れているパネル型がおすすめです。

3.洗面所、脱衣所について

洗面所の高さは重要なので工事中に調整できるか確認しましょう。材質は汚れが付きにくく、耐久性がある陶器がおすすめです。また、洗濯機置き場に関しても大きさなどを確認しましょう。

4.トイレについて

トイレについてチェックするべきポイントは、ペーパーホルダが左側にあるかどうかです。日本人のほとんどが右利きなので、ペーパーホルダーは左側にある方が使いやすいです。また、便座先端から正面の壁までの距離が短いと座りづらいので、60cm以上あるかを確認しましょう。

またどんなに小さくても良いので、トイレ個室の中に手洗い場があると重宝します。

まとめ

我々の生活とは切っても切り離せない水回り。生活の利便性に直結する部分だけに、実際の生活を想像しながら現地をチェックするのがポイントとなります。

842

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top