マンションジャーナル

マンションジャーナル

フラット35の金利の決まりかたと推移

フラット35の金利の決まりかたと推移

住宅ローンの金利の内、フラット35の金利には特徴があり、ある程度予測が可能なものとなっています。今回はフラット35の金利の決まり方と動向についてご紹介します。

フラット35の金利は10年国債利回りに連動して決まる

10年国債利回りという指標を見たことがあるでしょうか。ニュースや日経新聞で日経平均株価と共に毎日発表されている指標です。10年国債利回りとは、日本の10年物国債を購入した場合に、得られる利回りを示した数値です。

日本の国債は、日本国民によって買い支えられているといった記事や報道を聞いたことがあるのではないでしょうか。日本国債は安全資産として人気があり、日本の10年国債利回りは非常に低い水準となっています。こうした背景から、昨今のフラット35の金利は史上最低値を更新しつづけています。

フラット35徹底比較!どこの金融機関がいいの?

経済の原理原則~株価が上がると国債価格は下がる~

アベノミクスの成果により日本の株価は上昇しています。株価が上昇しているということは、日本国内外の資産が日本の株に集まっているということです。このことは、日本の国債に対してどのような影響を与えるでしょうか?

国債も株と同じく買われることで価格が上昇します。日本の株に人気が集中すると、それまで国債に集まっていた資産は株の購入に向かいます。結果として、経済の原理原則からみると日本の株かが上昇すると、日本の国債の価格は下がります。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

経済の原理原則~価格が下がると利回りは上がる~

利回りとは、購入価格である元本に対して、利益がいくらあるのか、を示します。購入価格が安ければ安いほど利回りが高くなることが分かると思います。つまり、経済の原理原則からみると日本の株価が上昇することで、日本の10年国債利回りは上昇することが予想されるのです。

しかし、現在日本の国債利回りは日本銀行などによって買い支えられているという情報もありますし、グローバル化された金融情勢のもとではそもそも上記の原理原則が当てはまらない可能性もあります。

フラット35は決済時の金利が適用される

住宅は契約から決済まで時間のかかるものです。フラット35の適用金利は、決済をした月と決められています。フラット35の金利は毎月更新され、10年国債利回りの変動をダイレクトに反映するため、1カ月毎の金利の差が大きいです。

フラット35の適用金利は、決済月の金利となるので、決済の時期を調整することで適用金利を調整することができます。10年国債利回りの動きを良くチェックして少しでも低い金利の適用を目指しましょう。

フラット35の魅力と活用方法とは

まとめ

今後、オリンピックに向けて景気は上昇が続くと予想されます。また、アベノミクスによる株価の上昇傾向は続くでしょう。決済月の適用金利が住宅ローンの完済まで続くフラット35は今が使い時です。

ちなみに、住宅ローンの事前審査には、複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイトを活用するのが便利です。下記のサイト「住宅本舗」は国際規格であるISO27001を取得し、関係省庁、提携している金融機関からの許諾を得ているサービスなので安心です。

>>住宅ローン一括審査申込はコチラ 

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top