マンションジャーナル

マンションジャーナル

諸経費も低金利で借入可能!住信SBIネット銀行の住宅ローン

マンションジャーナル最新記事

More
諸経費も低金利で借入可能!住信SBIネット銀行の住宅ローン

住信SBIネット銀行は、2007年にSBIホールディングスと住友信託銀行が共同出資して設立した銀行です。大きな特徴は金利の低さと8疾病保障が0円(他の銀行の場合、年利0.3%程上乗せ)であるということ。またコンビニのATMの手数料が無料であることに加え、様々なサービスを提供しています。

1.金利タイプについて

住信SBIネット銀行金利は他の銀行と比べて変動金利、固定金利ともに低いという特徴があります。また、この金利には8疾病保障の料金が含まれています。

  • 変動金利タイプ・・・毎月の約定返済日に「固定金利特約タイプ」への変更が可能
  • 固定金利特約タイプ・・・特約期間中は、利率の変更および「変動金利タイプ」への変更は不可

1-1.新規の住宅ローンの借り入れ(割引後金利)

  • 変動金利  0.65%(基準金利‥2.775%)
  • 固定金利(2年)0.40%(基準金利‥2.48%)
  • 固定金利(5年)0.50%(基準金利‥2.51%)

1-2.住宅ローンの借り換え(割引後金利)

  • 変動金利‥0.65%(基準金利‥2.775%)
  • 固定金利(2年)‥0.40%(基準金利‥2.48%)
  • 固定金利(5年)‥0.50%(基準金利‥2.51%)

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

2.団体信用生命保険料

0円

3. 8疾病保障(がん、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎)

0円

4.保証料

0円

5.一部繰り上げ返済手数料

0円

6.全額繰上返済

  • (変動金利期間中) 0円
  • (固定金利特約期間中) 32,400円(消費税込)

7.返済口座への資金移動

0円

8.金利タイプ変更手数料

0円

9.貸出期間

  • 新規の場合、1年以上35年以内(1ヵ月単位)
  • 借り換えの場合、35年借換ローンの借入日からの経過期間(端数切り上げ)

10.融資金額

500万円以上1億円以下(10万円単位)

  • 新規の場合・・・融資対象物件の担保評価額+500万円以内
  • 借り換えの場合・・・融資対象物件の担保評価額の200%以内

11.事務手数料

融資額の2.16%

12.遅延損害金

年利14%で日割計算

13.火災保険料

10%割引、加入必須

14.証明書発行手数料

864円

15.条件変更手数料

5,400円

16.証明書発行手数料

  • (住宅借入金等に係る借入金の年末残高証明書) 0円
  • (残高照会書) 864円
  • (利息証明書) 864円

17.その他特徴

女性の加入者には保険料無料で「ガン診断給付金保障」付き

ローン借り換えで10,000円プレゼント

借入時に必要な料金をまとめると、保証料と団体信用生命保険料は無料となっていて、事務手数料は融資額の2.16%、火災保険料は10%割引となっています。

まとめ

住信SBIネット銀行はネット銀行としては後発ですが、急速にシェアを拡大しています。住宅価格だけでなく、登記費用や固定資産税・都市計画税、火災保険料、地震保険料、事務取扱手数料、収入印紙代金などの諸経費も住宅ローンと同じ金利で借り入れるすることが出来るのも大きな魅力。住信SBIネット銀行をご検討される際は、是非参考して頂ければと思います。

ちなみに、住宅ローンの事前審査には、複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイトを活用するのが便利です。下記のサイト「住宅本舗」は国際規格であるISO27001を取得し、関係省庁、提携している金融機関からの許諾を得ているサービスなので安心です。

>>住宅ローン一括審査申込はコチラ

※上記のデータは2015年8月20日 株式会社Housmartがリサーチしたデータを元に作成しています。住宅ローンをご利用の際は、金融機関に詳細情報をご確認下さいます様お願い致します。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top