マンションジャーナル

マンションジャーナル

業界最低水準!ソニー銀行の住宅ローン

マンションジャーナル最新記事

More
業界最低水準!ソニー銀行の住宅ローン

住宅ローンっていろんなところから借りられるから、どこを選べばいいかわからない…。そんなあなたのために、今「選ぶとお得」な住宅ローンを紹介します!今回はソニー銀行の住宅ローンをご紹介します。

ソニー銀行について

ソニー銀行は2001年にソニー、三井住友銀行などの出資により設立され、ネット銀行では最初に住宅ローンの取り扱いを始めました。ソニー銀行の住宅ローンは二つあり、借入額の大小や今後の金利の推移の予想などによって、それぞれに適した金利プランを選ぶことができるようになっています。

大きな特徴としては、金利タイプの変更が何度でもネット上で簡単に変更出来ることがあげられます。また、翌月の金利を当月中旬に発表して、その月のうちに金利タイプの変更が可能なので、その都度変更することにより支払額を抑えることができます。こまめに金利の動向を確認できる方にオススメの住宅ローンです。

またソニー銀行の住宅ローンプラザや、銀行代理業者の各店舗に住宅ローンの相談窓口があるので、ネット上だけで手続きするのは苦手という方も、気軽にご利用いただけるかと思います。

それでは、詳しく見ていきましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

ソニー銀行の住宅ローン

1.金利について

Ⅰ.変動セレクト住宅ローン金利プラン 

変動金利 0.589%(新規で自己資金10%以上の場合0.539%)
固定3年 0.904%
固定10年 1.295% 

Ⅱ.住宅ローン金利プラン(事務手数料が割安)

変動金利 0.889%
固定3年 0.804%(新規で自己資金10%以上の場合0.754%)
固定10年 1.195%

2.団体信用生命保険料

0円(ワイド団信に加入の場合金利+0.2%)

3.保証料

0円

4.繰り上げ返済手数料

一部繰り上げ、一括返済共に0円(1万円から)

5.事務手数料

変動セレクト住宅ローン金利プラン 融資額の2.16%
住宅ローン金利プラン 43,200円

6.金利タイプの変更

変動金利から固定金利への変更は無料。固定金利から変動金利への変更をする場合は所定の手数料がかかる場合があります。

7.貸出期間

1年以上35年以下(一か月刻み)

8.融資金額

500万円以上1億円以下

9.遅延損害金

年利14.6%

10.火災保険

加入必須

11.返済口座への資金移動

0円

12.3大疾病保障特約

基準金利に0.3%上乗せ

14.その他

ANAマイレージクラブに入会すれば借入20万円ごとに100マイルが貯まります。

借入時に必要な料金は保証料と団体信用生命保険料が無料、事務手数料が43200円または2.16%、火災保険料となっています。

ソニー銀行の住宅ローンは繰り上げ手数料が無料!

ソニー銀行の住宅ローンの強みの一つが繰上げ手数料が無料で、更にいつでも、何回でも利用可能なこと。当ローンの4人に1人が住宅ローンの繰り上げ返済を利用しています。1万円という少額から返済可能なため、「家計の棚卸し」のために夏や冬のボーナス期間に繰り上げ返済を検討してみるのも一つの手段かもしれませんね。

まとめ

ソニー銀行の住宅ローンの変動金利は金利の安いネット銀行の中でも最低水準なので、この先も金利が低いまま続く、またはさらに低くなると思っている方にはおすすめの住宅ローンと言えます。ネット銀行にも関わらず、店舗も構えているのでインターネット上での手続きか対面での手続きか選べるのも大きな強みですね。ソニー銀行の住宅ローンを借りようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ちなみに、住宅ローンの事前審査には、複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイトを活用するのが便利です。下記のサイト「住宅本舗」は国際規格であるISO27001を取得し、関係省庁、提携している金融機関からの許諾を得ているサービスなので安心です。

>>住宅ローン一括審査申込はコチラ

※上記のデータは2015年8月18日 株式会社Housmartがリサーチしたデータを元に作成しています。住宅ローンをご利用の際は、金融機関に詳細情報をご確認下さいます様お願い致します。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top