マンションジャーナル

マンションジャーナル

オリンピックと都市計画による不動産価格上昇への影響とは

マンションジャーナル最新記事

More
オリンピックと都市計画による不動産価格上昇への影響とは

2020年に迫るオリンピック。新国立競技場の設計プランやロゴデザインの盗用疑惑など、何かと問題が多く気にしている方も多いと思います。一方、我々の生活と大きくひも付き、オリンピックにより影響を受けるのが「不動産価格」。はたして、どのような不動産価格の変動が見込まれるのでしょうか?

オリンピックと不動産価格変動ってなぜ起こる?

オリンピックによる不動産価格の変動は、主に以下の理由によって起こります。

  • 東京の不動産価格が安定しているため起こる国内外の投資家による不動産投資
  • これから値上りすることを予測し起こる売り控え
  • オリンピック準備のための建築業界の人件費高騰

これらの理由によって不動産の供給減少と需要増加が起こり、特にオリンピックによる影響を受ける可能性のあるエリアでは不動産価格の上昇が見られるのです。 >>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

オリンピックの影響を受ける可能性があるエリアとは?

オリンピックの影響を受ける可能性のあるエリアとは、主に湾岸エリアと言われています

湾岸エリアのどこが熱いのか?

オリンピックの影響を受けると言われている湾岸エリアの中でも、選手村が設置されることが決まった晴海や勝どき、月島と競技会場になる予定の有明、辰巳などが特に注目を集めています。これらのエリアはやはり、オリンピックの影響を一番受けやすいと言えるでしょう。

不動産価格が上昇する可能性のあるエリアはまだある?

泉岳寺・高輪エリアが今後人気を集めると言われています。その理由とは一体何故でしょうか?

泉岳寺・高輪エリア

泉岳寺・高輪エリアが注目されている理由はオリンピックの会場に比較的近いということだけではありません。まず、JR山手線に新駅ができるということ。それが田町と品川の間、つまり泉岳寺・高輪エリアなのです。さらに品川駅が今後完成予定のリニア中央新幹線停車駅になることからも注目を集めています。

また成田空港にも羽田空港にも電車一本で行くことが出来、海外へのアクセスも極めて便利です。これらの理由により、オリンピック後も不動産価格が値上りがするのではないか?という注目を集めております。

オリンピック後に不動産価格はどうなる?

オリンピック後に不動産価格が変わることはもちろんありますが、それが上昇するか下降するかはわかりません。湾岸エリアは予測される大地震などから敬遠されるという側面もあれば、オリンピックによるインフラ整備により住みやすくなるという側面もあります。そのため不動産価格がどう変化するか予測することは難しいようです。

不動産は今買うべきか?

不動産価格は全体として上昇しており、今回ご紹介したエリアも例外ではありません。オリンピック開催までの期間に不動産購入をするのであれば、早めに購入したほうが良いかもしれません。

忘れてはいけないのは、東京の開発は何もオリンピック関係のものだけではないということ。例えば東京都が国土交通省に提案している新地下鉄などは注目の開発の一つであり、交通網の整備によって不動産価格上昇の可能性がありえます。

都が新しい地下鉄構想 臨海部発と品川発の2路線

最後に

不動産価格と切っても切り離せない都市開発。以下の記事も是非参考にして頂ければと思います。

【東京オリンピック】オリンピック選手村とマンション分譲

2027年開業!リニア新幹線が与える影響の凄まじさとは

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top