マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

マンション売却、不動産会社選びのコツ

マンション売却、不動産会社選びのコツ

マンション売却時に、もっとも力を入れるべきなのは、仲介業者の選定です。今回は、マンション売却について、消費者にとって有益な情報・ノウハウとして、仲介業者の選定方法についてお伝えしたいと思います。

>>>マンションを売却するなら知らないと損するサービスとは?

マンション売却は仲介業者に査定を依頼することから始まる

マンションの売却は、一般的には不動産仲介業者に売却を依頼して行います。この際、知り合いの不動産業者がいる場合でもできるだけ複数の仲介業者に査定をお願いするようにしましょう。

不動産業者は、査定後、媒介契約を結ぶと、チラシやインターネット、また独自のルートを利用してマンションの購入希望者を探します。また、売却時にはマンションは商品となります。商品をどのように工夫すると良く見えるかは、プロであれば知っているものです。査定時には、自分の売却希望価格を伝えるとともに、どのように広告をして、どのように工夫をして商品を販売していくのかをチェックしていきましょう。

マンションの仲介を依頼する業者は、間違っても査定価格で決めてはいけない

不動産仲介業者はマンション売却時に受け取る仲介手数料で飯を食べています。競合の多いマンションの仲介においては、不動産仲介業者としてはまずは媒介契約を結ぶことが先決です。不動産仲介業者の中にはこうした競合対策として、最初に査定価格を高く出しておき、まずは媒介契約を結んだ後、どんどん売買価格を下げていくという方法を取る業者もあります。

依頼者は初心者であることがほとんどですから、査定価格を高く出してくれる業者を選びがちです。マンションの仲介を依頼する業者は、査定価格ではなく、実際にどのように活動してくれるのかを見て決めるようにしましょう。

不動産仲介業者の選定時に質問すること

実際に不動産仲介業者に査定を依頼する際に質問することを、以下にまとめてみました。

「ホームページには物件を掲載しますか?」

不動産仲介業者が自前のホームページを持っており、実際にホームページ経由の取引が多い場合にはマンション売却が成功する確率は高まります。現代はインターネットによるアプローチが多いものです。必ずチェックしておきましょう。

「最近、この物件の近くで売却の成約はありましたか?」

売却するマンションと同じような条件の売却の成約があったかどうか確認しておきましょう。その際にどのような販売戦略を工夫したのかを聞いておきましょう。しっかりとした戦略があれば次も活かせる可能性があります。

「現在、このマンションを購入しそうなお客様はいますか?」

売れている営業マンは常に複数のお客様の情報を持っているものです。状況にもよりますが、こうした質問に即答できるような営業マンであれば、実際にそのお客様と成約にならなくても、今後成約する可能性は高いでしょう。

まとめ

マンション売却はほとんどの方にとって、一生の内にそう何度も経験することのない事です。信頼できるパートナーである不動産仲介業者を見つけることがマンション売却成功の王道です。信頼できる不動産仲介業者は、面倒でも複数の不動産仲介業者に査定を依頼して、その際に今回掲載した質問をして、具体的に答えることができるかどうかで見分けることができます。是非、活用してみてください。

著者について

マンションジャーナル編集部TAKAHASHI
不動産ライター。元不動産会社勤務。長年の業界経験を生かし、かしこいマンションの選び方から不動産投資、住宅ローンなど幅広いテーマで執筆中です。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top