マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

マンション売却は仲介業者選びがポイント!

マンション売却は仲介業者選びがポイント!

一般の方にとって、不動産の売却は一大事業です。そして、できるだけ高く売りたいのが人情でしょう。しかし、売値ばかりに気を取られるのは禁物です。なぜなら、売値イコール手取りではないからです。

不動産の売買には、様々な諸経費が必要です。その中で最も大きいのが仲介手数料。そしてこの仲介手数料のカラクリが、売却価格に大きな影響を及ぼすのです。その訳は、不動産業界ならではの事情があるからです。

>>>マンションを売却するなら知らないと損するサービスとは?

マンション査定の裏事情

まずは所有するマンションが一体いくらで売れるのか、気になるところですよね。ということで、相場を調べる必要があります。取り敢えずはインターネットを使って同じエリアで同程度の売り物件を検索すれば、おおまかな相場はわかります。手っ取り早く売却価格を知りたければ、不動産物件を一括査定してくれるサイトを利用するという方法があります。複数の不動産会社に査定してもらうのですが、ここでの金額は参考程度と思っておいてください。

売主と媒介契約を結ぶために、相場より高めに査定する仲介業者がいるからです。同程度の売り物件と大きな差があるようなら、その業者は要注意ですね。

マンションを売る、仲介業者の都合

不動産の売買を仲介する業者の収益は仲介手数料です。売主と媒介契約を結び、買主を見つけて成約すれば、両方から手数料を得ることができます。不動産業界の営業マンは、そのほとんどが歩合制です。ですから、彼らは売主と買主の両方から手数料を受け取りたいわけです。そのために、専任媒介という契約にして他の業者に扱わせないようにしたいと考えてしまうのです。その結果、物件の囲い込みが行われることがあります。

そして、早く売りたいがために安易に値引きに応じて売却価格を下げてしまう事があります。少々値引きしても、売主と買主の双方から手数料が入った方が収入は大きいですからね。すべての業者がそうであるということではありませんが、業界の悪しき慣習として実際にある話です。

売却時の仲介手数料がゼロ?

仲介手数料は、法律で売買価格の3%+6万円とその消費税分と上限が定められています。しかしあくまでも上限ですから、それ以上は受け取れないということです。つまりそれ以下であればOKということですから、極端にいうとゼロでも良いということです。ただ、そんな夢のようなサービスがある訳ないと多くの方が思うはずです。

ところが、売主の仲介手数料がゼロというサービスが本当にあるのです。つまり同じ売却価格でも、実質的には仲介手数料の分だけ高く売れたのと同じ理屈になるわけです。マンションを売却される際は、そのような仲介会社を利用することも一つの方法です。このような、マンション売却の事前知識を確実に理解しておきましょう。

著者について

マンションジャーナル編集部TAKAHASHI
不動産ライター。元不動産会社勤務。長年の業界経験を生かし、かしこいマンションの選び方から不動産投資、住宅ローンなど幅広いテーマで執筆中です。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top