マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

ザ・晴海レジデンスに行ってきました!

ザ・晴海レジデンスに行ってきました!

東京オリンピックの選手村の開発地として話題の晴海エリア。東京の中でも有数の再開発エリアとして、高層ビルやタワーマンションが立ち並び、開発が急ピッチで進んでいます。

今回はそんな晴海エリアの中でも人気のマンション「ザ・晴海レジデンス」にお邪魔してきましたので、どんな特徴があるのか、徹底レポートします!

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

ザ・晴海レジデンスの特徴

 

今回お邪魔したのはこちらの「ザ・晴海レジデンス」。開発中の晴海ふ頭が一望できる素晴らしい立地です。

勝どき駅から徒歩10分というアクセスですが、自転車があれば10分で豊洲にも行くことができます。歩くと豊洲までは20分ほどでしょうか。

>>ザ・晴海レジデンスの詳細データはコチラ

2015-07-10 12.00.14

高級感のあるエントランス。24時間有人管理、録画機能付きのインターフォンにトリプルセキュリティで、セキュリティ面はとても充実しています。

エレベーターに乗るにはキーを使った認証が必要。セキュリティが徹底されてますね。

ザ・晴海レジデンスの共用部分にはリビングラウンジやキッズスペースもあります。

それではお部屋の中に入ってみましょう。

2015-07-10 12.19.19

ダイニングはブラウンのフローリングと白塗りの壁で、暖かい雰囲気。二重床・二重天井構造と、ガラスがペアガラスなので防音効果が高く、また将来的なリフォームや修繕が行いやすいのもポイントです。

ペットが飼えるところもうれしいポイントですね。

2015-07-10 12.18.43

運河を一望する眺望で開放感があります。お向かいに見えるのはTHE TOKYO TOWERS。夜景も綺麗そうですね。

2015-07-10 12.19.50

壁面収納も充実の洋室です。

2015-07-10 12.24.57 2015-07-10 12.24.30

清潔な3口キッチン。ディスポーザー付で生ごみも簡単に捨てられます。

お風呂回りは黒と白を中心にシックに纏められています。

スマートなタンクレストイレ。スペースも広く落ち着きそうですね。

共用施設内のカフェ「カフェ&バー Cannal Terrace

 2015-07-10 11.52.43

ザ・晴海レジデンスマンションの1階には本格的なカフェがあります。メニューが豊富で、ランチタイムの日替わりメニューを注文すると無料のサラダバーとドリンクバーがついてきます。

2015-07-10 12.41.42

筆者も平日のお昼ごろにお邪魔したのですが、お昼休みのサラリーマンやママ会をする女性の方々で賑わっていました。

ザ・晴海レジデンス 詳細データ

    • 物件名:ザ・晴海レジデンス
    • 最寄り駅:都営大江戸線「勝どき」駅徒歩10分
    • 住所:東京都中央区晴海5-1-17
    • 築年:平成21年3月
    • 階数:11階
    • 総戸数:438戸
    • 管理会社:大和ライフネクスト
    • 管理形態:全部委託

>>ザ・晴海レジデンスの詳細データはコチラ

晴海の生活環境

デートスポットとしては有名な晴海ですが、生活面ではどうなのでしょうか?実際に見てきました。

>>>勝どき駅周辺のマンション情報をもっと見る!

晴海は水と緑がいっぱい!

こちらの公園は勝どきと晴海をつなぐ「黎明橋」を渡るとすぐ近くにある「れいめいばし公園」。緑がいっぱいで気持ちがいいです。

こちらはザ・晴海レジデンスを通り過ぎ、さらにまっすぐ行くと着く晴海ふ頭公園。運河と隣接しており、水と緑が織りなす美しい景色が楽しめます。

再開発で緑が増えてきた晴海。より豊かな住環境になっていく晴海に注目です。

晴海トリトン

勝どき駅から黎明橋を渡るとすぐの位置にある、晴海エリアの中でも随一の大きさを誇る商業施設「晴海トリトン」。

オフィスやスーパー、レストランなど、様々な施設が混在しています。ザ・晴海レジデンスからは歩いて5分ほどの距離です。

春は桜で一杯になる「桜の散歩道」と呼ばれている運河沿いの沿道。ランニングにもピッタリのスポットスーパーはプチプライスの庶民派スーパーマルエツプチと、こだわり派のための成城石井の2店舗があります。

同じ場所に2種類のスーパーがあるのはうれしいですね。

地面から直接水が出る噴水があるので真夏でもテラスで食事を楽しまれる方が目立ちます。いい景色ですね。

まるで洋風の京都のようなおしゃれな赤い橋。ビルと煉瓦張りのような外見の晴海トリトンのコントラストが美しい…!

まとめ

ザ・晴海レジデンス訪問記、いかがでしたでしょうか。一段と注目を集める東京オリンピックに向けて、最も開発が行われるエリアの一つである晴海。その晴海エリアでも貴重な中古マンションでした。機会があれば是非、みていただきたいマンションです。

>>ザ・晴海レジデンスの詳細データはコチラ

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top