マンションジャーナル

マンションジャーナル

三井不動産のマンションとは

マンションジャーナル最新記事

More
三井不動産のマンションとは

総合ディベロッパー「御三家(三井不動産・三菱地所・住友不動産)」の中でも有名な「三井不動産」のマンションについてご説明します。三井不動産は「三井不動産レジデンシャル」という住居用マンションの専門会社を2005年に設立しています。

三井不動産の挑戦するDNA

三井不動産は不動産業界の中でも特に注目を集める不動産会社です。その理由として、いつの時代も積極的に新しいことにチャレンジする、という姿勢があるからです。

例えば浦安地区一帯の埋立事業。当時リスクの高い埋立事業にどのディベロッパーも手を挙げませんでしたが、そこで開発を行ったのが三井不動産です。浦安地区一帯の埋立地には東京ディズニーランドなども作られ、その活況ぶりは誰もが知るところです。

また商業施設とマンションが合わさった利便性の高いマンションを手がけたのも三井不動産が初めです。2006年に開業した三井ショッピングパークららぽーと豊洲・柏の葉、ラゾーナ川崎プラザ、東京ミッドタウンなど、商業施設の開発に強い三井不動産。最近では武蔵小杉の開発でも注目を集めました。

商業施設と一緒に開発されたマンションは、立地としては元々そこまで人気ではないため割安なことが多いのですが、横に商業施設があるため利便性は抜群。お求めやすい価格で便利で生活のしやすいマンションが購入出来るため、人気が高いのです。

新しいことにチャレンジすることを恐れない、それが三井不動産のDNAなのです。
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

三井不動産のマンションブランド

SONY DSC

2013年の販売戸数は7,476戸と業界一位。多数のブランドを展開し、価格帯やマンションの形態によってブランドを使い分けています。

  • パークホームズ・・・一般向け
  • パークシティ・・・大型開発
  • パークタワー・・・タワーマンション
  • パークコート・・・高級価格帯
  • パークマンション・・・超高級価格帯

最高級ブランド パークマンション

BF15150116_1507181720↑最高級ブランドのパークマンション

三井不動産のマンションブランドの中で一番の最高級ブランドがパークマンションです。港区・渋谷区といった都心の一等地にのみ建設されるマンションブランドで、その数は極めて少ないのです。

また大規模な街づくりを行うパークシティや、タワーマンションブランドのパークタワーなど、三井不動産のマンションブランドは幅広い展開をしています。

三井不動産のマンション作りの特徴はなんといってもその「マーケティング力」にあります。マンションの大事な要素としては、良く「立地」「価格」「品質」が挙げられますが、それ以外の要素として時流の流れを読み、ターゲットに刺さるコンセプトを設定し、高品質なマンションを作るのが三井不動産の特徴です。

センチュリーパークタワー

月島マンション11↑圧倒的な美しさを誇るセンチュリーパークタワー

その三井不動産の特徴をよく表しているのが「センチュリーパークタワー」です。このマンションは元々「石川島播磨重工業」という工場の跡地でした。今でこそ川に隣接したマンションは「ウォーターフロント」という言葉が出来る程人気ですが、当時は「地盤がゆるいのではないか」「安全面が不安ではないか」と、どのマンションディベロッパーも嫌厭するものでした。

三井不動産と初のグッドデザイン賞

しかし三井不動産は一つ一つのマンションの高さやデザインに対して微妙な変化を出し、隅田川と調和した美しいマンション群を造り上げました。この「センチュリーパークタワー」はとても人気が高く、分譲マンション初のグッドデザイン賞を受賞しています。

なお「三井不動産リアルティ」は三井不動産のグループ企業で、住宅流通事業と駐車場の運営管理事業を行っています。旧社名は三井不動産販売株式会社で、2012年に全国の三井リハウス東京(株)、三井リハウス西東京(株)、三井リハウス湘南横浜(株)、三井リハウス関西(株)、三井リハウス名古屋(株)の5社が吸収合併され、三井不動産リアルティ株式会社に商号を変えました。

三井不動産のマンション

多彩なマンションブランドを展開する三井不動産ですが、どのマンションも高い品質を提供しています。同社のマンションの品質に対する姿勢がホームページに書かれています。

三井不動産レジデンシャルでは、これまで漠然と語られてきた商品の「クォリティ」を、「3つのクォリティ」として明確化。内装や仕上げの素材などのOQ(Object Quality=見てわかるクォリティ)、優れたデザインや雰囲気などの感動体験をもたらすEQ(Experiential Quality=体感できるクォリティ)、基礎や柱の強度などの基本性能であるLQ(LatentQuality=後になってわかるクォリティ)、これら3つの総合的なクォリティを、独自に導入した品質マネジメントシステム「TQPM」(Total Quality Project Management)によって、より高い次元で実現し、本当のクォリティを感じられるマンションづくりに取り組んできました。

もちろん三井不動産のマンションは、価格もそれなりにします。しかしその品質に対する姿勢も相まって、多くのファンがいることも事実です。

photo credit: from Wikimedia Commons

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top