マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が最大無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

マンションブランド・不動産会社の特徴とランキング

マンションブランド・不動産会社の特徴とランキング

マンションを開発・分譲する不動産会社のことをマンションディベロッパーといいます。

マンションディベロッパーには様々な会社があり、それぞれの会社ごとにマンション作りに特徴があります。

また一つの会社が複数のマンションブランドを持っています。

新築マンションの場合、マンションを開発したマンションディベロッパーが直接マンションを販売したり、その子会社の販社がマンションを販売するためマンションブランドを強く意識します。一方中古マンションの場合は様々な仲介会社がマンションを販売しますので、販売図面を良く見ないとどのマンションディベロッパーが分譲したマンションかは分かりません。

マンションディベロッパーの特徴を押さえることで、新築マンションは元より、中古マンションの選定にも役立てることが出来ます。

>>中古マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンションディベロッパーの種類

マンションディベロッパーは下記のようなカテゴリーに分けられます。

  • 財閥系マンションディベロッパー
  • 鉄道系マンションディベロッパー
  • ハウスメーカー系マンションディベロッパー
  • 金融系マンションディベロッパー
  • 商社系マンションディベロッパー
  • グループ会社系マンションディベロッパー
  • 独立系・新興マンションディベロッパー

それぞれのディベロッパーの特徴を見て行きます。

財閥系マンションディベロッパー

三井不動産レジデンシャル、住友不動産、三菱地所レジデンス、東京建物など、日本を代表する財閥の不動産会社がこのグループです。地域を開発するディベロッパーとしての歴史が古く、また豊富な資金を元に土地の仕入力が強いのも特徴です。

各会社ともマンションの有名ブランドを持ち、高品質なマンションを分譲しています。お値段も高いですが、人気も高いのが財閥系マンションディベロッパーのマンションと言えるでしょう。

三井不動産のマンションとパークシリーズ

90年の歴史!東急不動産のマンションとは

業界の異端児?住友不動産のマンション戦略とは

【ザ・パークハウス】三菱地所マンションの魅力と伝統とは

【ブリリア】東京建物のマンションとは

鉄道系マンションディベロッパー

東急電鉄や東急不動産、阪急不動産などが鉄道系のマンションディベロッパーです。元々鉄道会社は鉄道と共に住宅地や駅周辺を開発してきました。特に所有している沿線付近に広大な土地を持つ事が多く、それらの土地を利用してマンションを分譲しています。

>>憧れのブランドマンションを仲介手数料無料で購入する方法とは?

ハウスメーカー系マンションディベロッパー

積水ハウス、大和ハウス、旭化成ホームズなどはハウスメーカー系マンションディベロッパーに分類されます。分譲するマンションの数は多くないものの、ハウスメーカーとしての住宅作りのノウハウを活かし、グレードの高いマンションを分譲しています。

金融系マンションディベロッパー

野村不動産、オリックス不動産や銀行系の不動産会社などが金融系マンションディベロッパーです。特に野村不動産が展開するプラウドは、高級マンションとして有名。供給量もさることながら、そのブランドイメージで高い人気を誇ります。

野村不動産のプラウドに見る、徹底したマンションブランド力とは

商社系マンションディベロッパー

商社と言えば幅広い事業領域の企業というイメージですが、不動産開発を手がけている会社もたくさんあります。特に商社系マンションディベロッパーとして有名なのは伊藤忠都市開発と丸紅。どちらの会社もマンション分譲の歴史は長いですが、伊藤忠都市開発は独特なマンション、丸紅はお手本のようなオーソドックスなマンションをつくる点が特徴です。

グループ会社系、独立、新興マンションディベロッパー

グループ会社系のマンションディベロッパーはNTT都市開発など財閥ではない大企業のグループ会社。独立、新興マンションディベロッパーは大京などが有名です。

ライオンズマンションとマンションディベロッパー

マンションディベロッパーのランキング

それぞれの不動産会社はどのくらいマンションを分譲しているのでしょうか。ここ数年は毎年若干の変動はあるものの、ほぼ野村不動産、三井不動産レジデンシャルが分譲数の2強、ついで住友不動産、三菱地所レジデンスとなっています。

大手マンションディベロッパー7社(野村不動産、三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、住友不動産、東急不動産、東京建物、大京)のことをメジャーセブンといい、2013年における実績では、首都圏におけるシェアはメジャーセブン7社で約41%にも上ります。

>>関連記事:【ついに発表!】マンションブランド 人気ランキング!

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top