マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンションに内緒でペットを飼えるか?

マンションに内緒でペットを飼えるか?

私たちの生活に潤いを与えてくれるペット。家族の一員として、大事な存在のご家庭も多いのではないでしょうか。そんな大事なペットと一緒に生活するため、マンションを購入する際には十分気をつける必要があります。

分譲マンションでもペットは飼えるか

少し前までは殆どの分譲マンションでペットは飼育禁止でした。飼い主にとっては大事な家族の一員でも、周りの居住者からすると、鳴き声やフンの問題もあり「飼わないで欲しい」という要望が多かったのです。

マンションは「生活共同体」という側面が強く、生活の仕方は「管理規約」というルールブックによって決められています。この管理規約の中でペットの飼育が禁止されていたのです。管理規約で禁止されているにも関わらずペットを飼うと規約違反になります。規約違反が発覚すると、管理組合から厳重な注意があり、現実問題としてペットを飼育し続けることは難しくなります。

マンションを見学に行った際に、ペット飼育不可にも関わらずペットを連れた住人を見る事があります。「あぁ、ペット飼育が禁止されていても、実質飼う事が出来るマンションだな!」と考えるのは危険です。規約違反であることは間違いなく、将来的にマンションの住人同士でペットの扱いに関して対立が生じる可能性があります。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

ペット飼育可能なマンションが増えてきた

ペットマンション

最近ではペットを飼うことが出来るマンションが増えてきました。現在のマンションは、ペットの飼育に関して大きく4つのグループに分けられます。

  1. 犬・猫も飼育可
  2. うさぎ・モルモット・ハムスターなどの小動物は飼育可
  3. 観賞用の小鳥、金魚は飼育可
  4. 完全にペットは飼育不可

マンションの広告やチラシで「ペット飼育可!」と買いてあれば、基本的に「1:犬・猫も飼育可能」という意味ですが、まれに「2:うさぎ・モルモット・ハムスターなどの小動物は飼育可」「3:観賞用の小鳥、金魚は飼育可」という意味の場合もありますので念のため営業マンや売主にチェックするようにしましょう。

ちなみにペット飼育可の場合、かならずマンションのチラシや広告に「ペット飼育可」と書いてあります。もしマンションのチラシや広告に「ペット飼育可」と書いてなければ、ペットを飼う事は出来ないケースがほとんどです。

は虫類は基本飼育出来ない

ちなみにヘビなどの「は虫類」は体の大きさが小さくても、マンションの居住者に迷惑をかける可能性があるので、飼育が禁止されているケースが多いです。一部に根強い愛好家がいる「は虫類」ですが、脱走して大問題になることが多々あります。もし「は虫類」の飼育を考えている場合は、マンションの購入はハードルがとても高くなります。

ペットの大きさに注意

犬や猫を飼っても良いマンションであっても、大抵の場合体高(たいこう)の制限があります。体高とは読んで字のごとく体の高さです。犬や猫ですと、足から背中までの高さのことを指します。一般的なケースでは、大人の犬や猫になったときの体高が30cm以内という制限が多い様です。大きくなっても、抱きかかえられる大きさが一つの目安です。

ペットの数にも注意しよう

またペットの大きさがOKでも、頭数制限をされている場合が多いのも要注意です。多くのマンションでは、犬と猫あわせて2匹までの飼育制限が設定されている場合が多い様です。元から飼っているペットの数が3匹以上だったり、ペットに子供が生まれた時は対策を考える必要があります。

ペットの飼育は専有部分で!

ペット飼育可のマンションであっても、ペットが自由に動き回れるのは部屋、つまり専有部分だけです。廊下、バルコニー、ルーフバルコニー、専用庭などの共用部分では放し飼いをしてはいけないケースがほとんどです。だっこや、ゲージに入れて他の居住者に迷惑をかけないよう、移動することになります。ブラッシングなども、ついついバルコニーで行いたくなりますが、NGなのです。

マンションへの届け出とペットサークル

マンションでペットを飼育する場合、かならずマンションへの届け出が必要になります。どんな種類の、どんな大きさのペットを飼うか、管理組合に届け出る必要があるのです。マンションによっては、管理組合の承認がないとペットを飼育することが出来ません。

またペットサークルがマンション内にある場合があります。ペットサークルではペットの飼育者同士でコミニケーションを図ったり、犬・猫の飼育マナーや飼育上の問題について話しあうケースが多い様です。

ペットボタンって一体なに?

ペットボタン

ペット飼育可のマンションのエレベーターには「ペットボタン」と呼ばれるボタンがついていることがあります。押すと何が起きるのか非常に気になるこのペットボタン。一体なんのために付いているのでしょうか?

実はこのペットボタン、エレベーターを待っている他の階の人に「いま、このエレベーターにはペットが乗っていますよ!」とお知らせするボタンなのです。たまたま自分もペットを連れていて鉢合わせしたくなかったり、アレルギーなどでペットに近づきたくないという人もいます。そんなケースに配慮したのが、このエレベーターのペットボタンなのです。

まとめ

ペットマンション3

ペットは大事な家族の一員ですから、絶対に離れたくないというご家庭も多くいらっしゃると思います。一方マンションは生活協同体ですので、他の居住者の方にも配慮しなければなりません。「このマンションはペットに対してどういうスタンスなのか?」ということを良くチェックし、ペットはもとより、ご自身も他の居住者の方も快適に生活出来る方法を模索するのがお勧めです。

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top