マンションジャーナル

マンションジャーナル

住宅ローンの支払い実状を知ろう!大人の常識として知っておきたい住宅ローン part6

マンションジャーナル最新記事

More
住宅ローンの支払い実状を知ろう!大人の常識として知っておきたい住宅ローン part6

「住宅ローンについて学ぶシリーズ」第6弾は実際の住宅ローンの支払いについてです。 住宅ローンの支払いと聞くとなんだか不安に聞こえますよね。住宅ローンを実行すると、当たり前ですが毎月の返済が始まります。この支払いは「住宅ローン」だからといって何か特別なことが必要かというと、普通のローンの支払いとなんら変わりません。

指定した口座から一定の返済金額が毎月自動で引き落とされるだけですので賃貸の支払いと同じような感覚で済みます。となると、不安なのは「毎月どれくらいの金額が引き落とされるのか?」ということですね。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

1%の差を舐めてはいけない!

住宅ローンの支払いは、同じ金額を借りていても金利の違いで返済金額に大きな違いが出てきます。
では、金利の差によってどれくらいの差が生まれるのでしょうか?

例を見てみましょう。

【例1:3,000万円、金利1%、35年返済、元利】
  • 総支払い金額:約3,556万円
  • 毎月の支払い金額:約8.5万円
【例2:3,000万円、金利2%、35年返済、元利】
  • 総支払い金額:約4,173万円
  • 毎月の支払い金額:約9.9万円

なんと、金利が1%違うだけで総支払い金額に617万円の差が出てしまいます。月の支払いで見ると、約1.4万円の差です。

金利の見かけ上の数字だけで判断するのではなく、「総支払い金額と月々の支払い金額が幾らになるのか?」という部分に注目して計画をたてることが大事ですね。

スクリーンショット 2015-06-26 15.51.59

金利ごとの毎月の支払い金額目安*返済期間は35年、元利払い

返済期間は短ければ短いほどお得!?

総支払い金額を考えるときに、金利と同じくらい大事なことがあります。それが「返済期間」です。つまり「住宅ローンを何年かけて返済するのか?」ということですね。

返済金額が同じであれば、返済期間が長いほど支払利息が増えるので総返済金額は増えてしまいますが、月々の返済金額は減りますのでバランスが難しいポイントです。

返済期間10年と15年では支払い利息は1.53倍。10年と35年では3.88倍にもなります。

ただ、返済期間を短く設定しすぎて毎月の支払いが滞ってしまってはもともこうもありませんので、適度な期間に設定した上で、余裕の出た都度繰り上げ返済を行うことが望ましいですね。

スクリーンショット 2015-06-26 16.57.13

返済期間別の毎月の支払い金額目安*金利は1%、元利

引き落とし口座の指定はどうなるの?

よくある質問として、「ローンを借りる金融機関で口座を作らなければいけないのか?」という質問があります。答えはYES。ローンを利用する金融会社、特に銀行の場合はその支店の口座を作る必要があります。

例えば、A銀行のa支店に給与が振り込まれるのに、B銀行でローンを組んでしまうとB銀行のb支店の口座から住宅ローンが引き落とされるといった状態になります。これですと毎月A銀行からB銀行の口座にお金を振り込まなければいけないので通帳管理が大変です。

また、「ペアローン」を使用した場合も注意が必要です。ペアローンの場合は、借り入れの比率に合わせて各々の口座から引き落としが行われます。ですので、二人とも同じ銀行・同じ支店の口座を新設する必要があります。

なぜ同じ支店に口座を作る必要があるかといいますと、住宅ローンの繰り上げ返済処理、金利の変動の反映、書手続きの処理などが理由のようです。ただ、最近では引き落とし先の口座は柔軟に対応してくれる金融機関も増えてきていますので一度確認してみましょう。

第一回では「住宅ローンとは?」についてご紹介しました。
住宅ローンって何?これだけは知っておきたい住宅ローン大人の常識 パート1

第二回では「住宅ローン審査のポイント」についてご紹介しました。
ローン審査をスムーズに進めるためには?これだけは知っておきたい住宅ローン大人の常識 パート2

第三回では「住宅ローンの金利とは?」についてご紹介しました。
住宅ローンの「金利」を学ぼう!これだけは知っておきたい住宅ローン大人の常識 パート3

第四回では「ローンの計画を立てるポイント」についてご紹介しました。
しっかり返済するローン計画のポイント!大人の常識として知っておきたい住宅ローン パート4

第五回では「資金が足りない時の対策」についてご紹介しました。
自己資金が足りない時の4つの奥義!大人の常識として知っておきたい住宅ローン パート5

ちなみに、住宅ローンの事前審査には、複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイトを活用するのが便利です。下記のサイト「住宅本舗」は国際規格であるISO27001を取得し、関係省庁、提携している金融機関からの許諾を得ているサービスなので安心です。

>>住宅ローン一括審査申込はコチラ

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top