マンションジャーナル

マンションジャーナル

しっかり返済するローン計画のポイント!大人の常識として知っておきたい住宅ローン part4

しっかり返済するローン計画のポイント!大人の常識として知っておきたい住宅ローン part4

第1回では「住宅ローンとは?」についてご紹介しました。
住宅ローンって何?これだけは知っておきたい住宅ローン大人の常識 パート1

第2回では「住宅ローン審査のポイント」についてご紹介しました。
ローン審査をスムーズに進めるためには?これだけは知っておきたい住宅ローン大人の常識 パート2

第3回では「住宅ローンの金利とは?」についてご紹介しました。
住宅ローンの「金利」を学ぼう!これだけは知っておきたい住宅ローン大人の常識 パート3

今回は、住宅ローンの計画の立て方について学びましょう!

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

返済が始まってからもお金に困らないためのポイント!

住宅ローンの返済期間は最長35年です。あなたが30歳でローンを組んだとしても完済は65歳と非常に長い道のりです。

その長い道のりのなかで返済をしっかりした上で、実生活にも支障が無いような計画を立てなければいけません。ローンの支払いで日々の生活が苦しい。。。!とならないためにもポイントを押さえましょう!

1:頭金を準備しよう!

近年では物件価格の100%をローンで借りるパターンも増えてきてはいますが、頭金は可能な限り多く準備したいものです。
頭金が500万あるか無いかだけでも月々の支払い金額は大きく変わります。

2:毎月の返済金額は余裕のある金額に設定しよう!

急な冠婚葬祭、家電の故障、リフォーム、車の購入、学費の支払いなど人生には住宅ローン以外にも大きな出費がたくさんあります。ローンの月々の支払い金額は、ギリギリで組むのではなく、毎月貯金ができる程度の余裕をもって組みましょう。

3:ボーナス払いを当てにしない

ボーナスの支給は会社の景気に大きく左右されます。ボーナス払いであれば大丈夫!とあてにせずに、月給ベースで支払いをできるかどうかを考えましょう。

4:定年までに完済できる計画にしよう

月々の支払い金額が安いからといって安易に返済期間を長くするのはとても危険です。返済期間が定年後にまで食い込む場合は年金からの返済になってしまいますのでかなり苦しいことになります。退職金などもあてにせずに、定年前に完済できる計画を立てましょう。

私はいくら位まで借りることができるの?

金融機関があなたに「いくらまでなら貸せるか?」と考える時に使用する目安を「返済比率」といいます。「返済比率」とは税込の年収に対する年間返済額の比率のことです。

例えば、年収が600万円、返済比率が35%とすると、年間の返済金額は210万円となります。

「税込年収」×「返済比率」=「年間の返済金額」

住宅金融支援機構では、年収400万円未満は30%以下、年収400万円以上は35%以下と定めています。ちなみに、自動車ローンなどの他のローン返済も含まれますので要注意です。

つまり、大体の目安としてご自身の年収に対して30%の返済比率で計算することで大体の借り入れ限度額を計算することができます。

年収が500万の場合は 500万×30%=150万
月々の返済が 150万÷12ヶ月=12.5万
金利が2%の場合、月々の支払いが3,313円なので
12.5万÷3,313円×100万円=3773万円

と借り入れ可能金額が約3,700万円になります。

こちらのシミュレーターから簡単に計算できます。

借り入れ可能額いっぱいまで借りるのは要注意!!

返済比率から計算した借り入れ可能金額いっぱいまでローンを組むのは考えものです。

借りられる金額≠返済できる金額では必ずしもありません。

通常ですと返済する金額の比率は20〜25%に抑えることがポイントです。

夢のマイホームを手に入れてもローンの支払いができず手放すことになってしまったら元もこうもありません。

例:年収500万円で返済比率20%の場合
500万円×20%=年間100万円の返済
100万円÷12ヶ月=月々の支払いは8.3万円

例:年収500万円で返済比率35%の場合
500万円×35%=年間175万円の返済
175万円÷12ヶ月=月々の支払いは14.6万円

15%変わるだけで月々の返済金額がかなり変わってきますね。返済比率を下げるためにはいくつか方法があります。

1:借り入れる金額(購入する家の価格)を下げる
2:頭金を増やして借入金を減らす
3:年収を増やす

現実的に見ると「年収を増やす」という選択肢はあまり期待できませんので貯金をためるか、同じグレードの中古マンションを探すなど冷静に判断したいですね。

住宅ローン成功の秘訣は「事前審査」をしっかりと複数の銀行で行うこと。複数の銀行に事前審査を申し込むことによって、自分に合った銀行を見つけ出すことが可能です。

とはいえ、いくつもの銀行に個別で事前審査を申し込むのはめんどくさいですよね。下記のサイト「住宅本舗」はメガバンクからネット銀行・地方銀行まで、一度の手間で事前審査の申し込みが完了してしまうという超便利なサイト。事前審査を考えている方は、まず実施することがお勧めです。

>>まずは住宅本舗のWEBページを見てみる

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top