マンションジャーナル

マンションジャーナル

自転車に関する道路交通法改正についてどこまで理解していますか?

マンションジャーナル最新記事

More
自転車に関する道路交通法改正についてどこまで理解していますか?

広く生活の足として活用されている自転車。そんな自転車に関する道路交通法の改正について、報道は多くされているものの中身を本当に理解されているでしょうか?今回は道路交通法改正による自転車のルールについて、ご紹介します

実は道路交通法改正で変わったのは自転車の交通ルールではなく違反の罰則である

自転車の交通違反の罰則が甘く、悪質な交通違反が増えた背景を受け、法改正されました。法改正によって、自転車による交通違反の罰則が厳しくなったのです。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

自転車の運転による交通の危険を防止するための講習に関する規定の整備

一定の危険な違反行為をして2回以上摘発された自転車運転者は、公安委員会の命令を受けてから3ヵ月以内の指定された期間内に講習を受けなければいけないのです。もしこの命令に従わなかった場合5万円以下の罰金に課せられます。

一定の危険行為とは?

一定の危険行為と言われてもよくわかりません。以下の14項目が一定の危険行為と定められています。

  1. (信号機の信号等に従う義務)の規定に違反する行為
  2. (通行の禁止等)第一項の規定に違反する行為
  3. (歩行者用道路を通行する車両の義務)の規定に違反する行為
  4. (通行区分)第一項、第四項又は第六項の規定に違反する行為
  5. (軽車両の路側帯通行)第二項の規定に違反する 行為
  6. (踏切の通過)第二項の規定に違反する行為
  7. (交差点における他の車両等との関係等)の規定に違反する行為(無理やり進入等)
  8. (交差点における他の車両等との関係等)の規定に違反する行為(進路妨害等)
  9. (環状交差点における他の車両等との関係等)の規定に違反する行為
  10. (指定場所における一時停止)の規定に違反する行為
  11. (普通自転車の歩道通行)第二項の規定に違反する行為
  12. (自転車の制動装置等)第一項の規定に違反する行為
  13. (酒気帯び運転等の禁止)第一項の規定に違反する行為(法第百十七条の二第一号に規定する酒に酔った状態でする)
  14. (安全運転の義務)の規定に違反する行為

言葉が難しいですね。上記の14項目を簡単にまとめるこうなります。

  1. 信号無視はダメです
  2. 通行禁止の場所は通行禁止です
  3. 歩行者用道路は通行禁止です
  4. (普通は破ることのない項目なので省きます)
  5. 路側帯つまり道路の端を左側通行で通行しなさい
  6. 踏切が鳴ったら踏切内に入らない
  7. 他の車に迷惑をかけない
  8. 7と同じく
  9. (環状交差点が少ないため省きます)
  10. 一時停止の標識があるところでは一時停止をする。
  11. 歩道を通る時は徐行かつ左側通行
  12. ブレーキなどをしっかりつけましょう
  13. 自転車も酒気帯び運転は禁止です
  14. イヤホンをつけながらや傘さし運転などの危険な運転はやめましょう

簡潔にまとめたものなので、足りないこともあるので気をつけて下さい。

自転車も車と同じ!

自転車には免許はありませんが、立派な車です。事故や違反を起こせば人の命を奪いかねません。今回の改正をきっかけに、自転車の乗り方について今一度見つめ直してはいかがでしょうか?

参照
自転車も検挙へ14項目の「危険行為」が発表!「飲酒」も対象
道路交通法

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top