マンションジャーナル

中古マンション購入・売却、住宅ローンのポイントをお届け!仲介手数料が無料のカウルが運営。お得にマンションを買う方法や、不動産投資を成功させるコツ。住宅ローンの気を付けたいポイント、ヴィンテージマンション、タワーマンション、高級マンションをご紹介。

そのダサい電気のスイッチ変えませんか?

そのダサい電気のスイッチ変えませんか?

「電気のスイッチ」、あまりにも地味な存在すぎてインテリアの領域にも入ってこない存在。
毎日触れるものなのに、身近な存在すぎて気に止められないそんな彼に本日はスポットを当ててみたいと思います。

スイッチの中身見たことある?

皆さんはスイッチの裏側を覗いたことはありますか?
電気の通っている場所なのでなんだか怖いですよね。

でもスイッチのフタって実は簡単に開くんです。
ちょっと今日は編集部の部屋のスイッチを外してみましょう。
フタを外すと中はこんな感じ

2015-05-01 21.05.05壁にポッカリ穴が開いていて、奥を見るとコードがたくさん詰まっているのが見えます。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

実は簡単!スイッチの衣替え

前述のスイッチですが、一番外側の「カバー」と、中身の土台になっている「金具」、そして「スイッチ本体」の3構成になっています。
このスイッチ本体の交換は「電気工事士」という資格がなければ行ってはいけない法律になっていますので、個人では絶対に行ってはいけません。
なぜかと言いますと、それが原因で漏電などが起こり、近隣住居にまで被害がでる可能性があるかららしいです。

ですが、一番外側のカバーを交換するだけなら「軽微な作業」に含まれますので一般の人でも行うことができます。
必要なのはプラスドライバーとマイナスドライバーだけです。
img61609552http://item.rakuten.co.jp
おしゃれな木製カバー
gc-32-b-1http://item.rakuten.co.jp
こちらは珍しい陶器タイプのカバー

41grL5gt3gL._SX425_http://item.rakuten.co.jp
こんなおもしろアイテムも(笑)

でもやっぱりスイッチごと変えたい!

古い建物の賃貸などの場合、スイッチのカバーを変える程度では焼け石に水なくらいダサいスイッチがあります。
そんな時はスイッチを丸ごと変えてしまうのがベターですよね。

でも、それには電気屋さんに頼むしかありません。
大体スイッチの交換で3,000〜4,000円で交換してくれますますので、通販などで好みのスイッチを購入しておけば簡単なプチリフォームが出来てしまいます!
スクリーンショット 2015-05-01 22.22.19http://panasonic.co.jp

スタッフが選んだ「カッコイイ」スイッチ

では、マンションジャーナル編集部が探してきたイケてるスイッチを紹介します。

http://www.leviton.comアメリカ、レビトン社
http://www.leviton.com
シンプルながら洗練されたデザインが素敵ですね。

s-12-1
http://www.geocities.jp/
こちらもレビトンの5連トグルスイッチ。シンプルですね。

レトロトグルhttp://movemix.net/
アメリカンレトロトグルスイッチ
とても無骨なのに洗練さが見えるスイッチですね!ガレージとかにつけたい!

スクリーンショット 2015-05-01 22.58.32
http://panasonic.icata.net/
パナソニックの高級スイッチ
落ち着いた色合いながらも、近代感があって上品ですね。

web_cen_img_jimbo01
http://www.jimbodenki.co.jp
配線系の製品専門の神保電気のNKシリーズです。
グットデザイン賞の優れもの。私の自宅もこれにしたい!

まとめ

普段は気にも止めない電気のスイッチですが、こういう細かいところが大事なのかもしれません。
あのスティーブジョブスはMacを作る時にウィンドウデザインだけでも何十回もやり直しをさせたそうです。
チームメンバーが「そんな些細なところをいじるよりほかにもっと大事なことがあるのではないか」と意見を言うと、
「毎日見るものなんだぞ!ちょっとしたことじゃない。ちゃんとやらなきゃいけないことなんだ」と怒ったそうです。

最近はこんなシールもあるので、皆さん電気スイッチリフォームしてみませんか?
item_90865_lhttp://vvstore.jp

著者について

株式会社Housmartマンションジャーナル編集部
中古マンションの購入・売却仲介手数料が最大無料になるWEB不動産「カウル」を運営するスタッフが、物件探し、リフォームやリノベーションに役立つ情報、街の魅力、インテリアやDIYのテクニックをお伝えします。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top