マンションジャーナル

マンションジャーナル

知っていると大違いな「水栓」のお話

マンションジャーナル最新記事

More
知っていると大違いな「水栓」のお話

水栓のことなんて当たり前に知ってるよ!
そうおっしゃる方も多くいると思いますが、意外と水栓って種類が豊富なんです。

水栓の代表的な種類

まず最も大きな分類として「単水栓」、「混合栓」の2つがあります。
お水、もしくはお湯しかでないものを単水栓、水とお湯が一つの蛇口の中でまざってだすことができるものを混合栓と言います。

水を飲むだけなら単水栓でいいですが、お風呂の蛇口が単水栓だったらお湯の温度を調整できないので大変ですよね。
私も昔住んでいた家のお風呂が単水栓だったので、一度浴槽にお湯をためて、水で調整してからお湯を使っていました(笑)

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

壁か台かが重要だ


水栓は洗面台のような台に取り付けられているパターンと、壁に直接取り付けられているパターンがあります。
前者を「台付き水栓」、後者を「壁付き水栓」と言います。そのままですね(笑)
蛇口はこの 混合or単水 × 壁付きor台付きの組み合わせで大枠が決まっています。

利便性を上げるための水栓の進化

ツーハンドル式

61cj+vSR0XL._SL1100_
お湯と水を別々に調整するタイプの物。これって調整がいちいち両方触らないといけないので大変なんですよね。
ただ、水の勢いを調整できるので浴槽をためるのに向いています。
水だけ閉めて火傷したり、お湯だけ閉めて凍えたりなどはよく聞く話。

 

シングルレバー式

0000000100373
一つのレバーで温度調整ができる優れものです。
デザイン性も最近はこったものが増えてきました。
ツーハンドルと違って、勢いを調整できないのが難点ですね。

サーモスタット式水栓

61Ik-c1wOoL._SL1500_
よくお風呂で見かけるあれです。
温度調整の部分で安定した温度調整と、水圧の調整を両立させた革命児です。

自閉式水栓

KF3040http://www.kvk.co.jp
よくお風呂屋さんでみかけるタイプのものです。
レバーを押すと、一定量のお湯が出た後に自動で止まります。
お湯の使いすぎを防ぐのに便利ですよね。

止まらない水栓の進化

なんと水栓は、現代の技術力でここまで進化していたのです!

ヘッド引出しタイプ

TKHG32PBimage1http://www.sunrefre.jp
ヘッドの部分が蛇腹になっていて引出して使用できるタイプ。
キッチンでシンクを洗う時などに大活躍です。

センサー式

ksj[LT713313]003
http://papasalada.net
よく公衆トイレなどでみかける水栓。
使いすぎを抑えることができる上に、手を使わないので衛生的ですね。
最近では家庭用のものもあるみたいです。

プッシュ式水栓

スクリーンショット 2015-04-30 23.17.20http://www.biz-lixil.com
自閉式と違って、ボタン操作のみで吐水と止水を制御できるもの。
横のレバーで温度調整もできますよ。

センサー式温度調整水栓

K0000279858JF-NA466SJW_2http://iinavi.inax.lixil.co.jp
タッチレスで温度の調整をしながら吐水できるもの。温度も色で表示。デザイン性も素晴らしいですね。

浄水器一体型

1114_15takagi
http://www.reform-online.jp
水栓の中に浄水フィルターが含まれているタイプのもの。ついに浄水機能までついてしまいました。

おまけ

Kitchen-Faucets-520x429 Kohler-Faucets-Kitchen-520x378http://www.gizmag.com/

カナダの超ハイテク水栓。蛇口のどこでもさわると水が出ます。水の量、温度、はたまた液体石鹸までコンピューターによって制御されているらしいです。デザインも素敵ですね。

まとめ

たかが水栓、されど水栓、生活の中で水回りは切っても切り離せないものです。
既成よくある水栓ではなくて、自分のセンスとこだわりで選んだ水栓を使用することで、生活のグレードが一気にアップしますね。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top