マンションジャーナル

マンションジャーナル

ウォークイン・クローゼットの収納術

ウォークイン・クローゼットの収納術

アメリカで大ヒットしたドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の映画版では、主人公のキャリーと彼氏のビッグが新しい家を探すシーンがあります。34軒目に見たマンションを主人公のキャリーはとても気に入るのですが「ウォークイン・クローゼットが狭い!」と文句を言います。彼氏のビッグはそんなキャリーに「ウォークイン・クローゼットを、もっと大きくて美しいものに改装するよ!」と約束し、そのマンションに住むことを決めます。なんというイケメンでしょうか・・・!

セックス・アンド・ザ・シティの二人に限らず、住宅を探す上で収納はとても気になる要素です。特にウォークイン・クローゼットは人気が高く、見学したマンションにウォークイン・クローゼットがあると「おっ!」と思う方は多いのではないかと思います。

もちろんウォークイン・クローゼットはとても便利ですが、そもそも理想の収納とはどんなものなのでしょうか。

モノにはそれぞれ特徴がある

日本人は世界でも稀にみるほど、家にモノが多いそうです。「断捨離」という言葉が流行ったり、掃除、整理整頓の本がとても売れたりするのは日頃からモノの片付けに悩んでいる方が多いからではないでしょうか。片付けには色々コツがありますが、まずはモノの特徴を抑えると掃除が楽になります。モノの種類は大きく次の3つに分けられます。

1:日頃からよく使うもの

収納1

毎日使い、よく「あれっ、どこいったっけ?」と探しまわるハメになるものです。それというもの、よく使うが故に動き回ることが多いからでしょう。鍵や携帯、文房具類に部屋着、お気に入りのバッグなどが当てはまります。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

2:たまに使うもの

収納2

週末のスポーツのための用具や、たまに読みたくなったり調べものをする本、よそ行きの服、ネクタイなどが「そこまで使わないもの」です。使う頻度は「1:日頃からよく使うもの」ほどありませんが、それなりに目立つ場所に置いてあげる必要があります。

3:滅多に使わないもの

収納3

ひな祭り季節の飾りや、アルバム、思い出の品などが「滅多に使わないもの」です。人の目に触れたがりませんし、探そうと思ってもなかなか見つかりません。

収納の基本は同じ種類で揃える

収納で一番重要なのは上記の「3つの種類ごと」に片付けしてあげることです。違う種類のものを一緒にしてしまうと、納まりが悪く「掃除するのがめんどくさいな」という感じになります。なるべく同じ種類で揃え、日頃からよく使うものを手前に置くのがセオリーです。

その上で置く場所も特徴に合わせて工夫します。例えば「1:日頃からよく使うもの」は棚の中でも戸棚やガラス戸棚ではなく、扉がついていないオープン型の戸棚に置くと良いでしょう。

ウォークイン・クローゼットは諸刃の剣

ウォークイン・クローゼットが人気なのは何でもブチ込めるから、と言えます。外から見えないウォークイン・クローゼットは、とりあえず荷物を置いておくには最適だからです。

ウォークインクローゼット2↑収納の救世主の様に言われるウォークイン・クローゼットですが・・・

しかしウォークイン・クローゼットは諸刃の剣でもあります。何でもブチ込めるが故に、使い始めてから数年経つと中は秘境のようにゴチャゴチャしてしまいます。意外とウォークイン・クローゼットよりも通常のクローゼットの方が荷物の出し入れがしやすく、使い勝手が良くなることもあります。

まとめ

収納は多いに越したことはありませんが、どんなに収納が多くても家は散らかるものです。それはモノが「使うため」に存在し、彼らがとても「出たがり」「目立ちたがり」だからです。人気のウォークイン・クローゼットも決して収納の救世主ではありません。やはりモノの種類ごとに、こまめな整理整頓をしてあげる必要がありそうです。

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top