マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション内覧時のチェックリスト

マンションジャーナル最新記事

More
マンション内覧時のチェックリスト

新築・中古問わずマンションの内覧時はとても緊張します。マンション内覧をする時に何を持っていけば良いのか、何を見れば良いのか、何を尋ねれば良いのかは中々とっつきにくものです。そんなマンション内覧時に、必要な物や見ておきたいチェックポイントをまとめて紹介します。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

必要な物

  • メジャー(2〜3m以内でも充分)
    新築マンションの場合、図面に各場所の寸法が書いてありますが、中古マンションだとなかなか寸法までは図面に記載されていません。新築であっても、間取り図に記載がなく気になる場所は図るようにしましょう。今の家にある家具が入るかどうか、うまく設置出来るかは重要なポイントです。縦幅、横幅だけでなく、下がり天井部分の天井の高さなどもチェックが必要です。
  • カメラ
    今の時代、インターネットでマンションの写真が公開されているケースがほとんどですが、全ての部屋の写真が公開されているわけではありません。後で実際に見たお部屋について検討する際に、ご自身で写真を取っておくと便利です。スマートフォンのカメラでも問題ありません。撮る際は必ず売り主様のご確認を取るようにしましょう。
  • メモ帳
    マンション内覧時に気になった事は、メモしておくのがお勧めです。家に帰ってしまうと「あれ、どこが気になったんだっけ?」となかなか思い出せないものです。些細なことでも気になったことはメモし、売主様や営業マンに確認するのが大事です

ここだけは見るべき重要チェックポイント!

  • 壁と壁、壁と床、壁と天井等の境目に隙間があるかどうか
  • 歩いたときに床鳴りするかどうか
  • 静かにしてみて隙間風等の音がしないかどうか
  • 窓を開ける時、ガタツキがあるかどうか
  • ドアの開け閉めにひっかかりがないか
  • 寝室に隣接住戸の音が聞こえてこないか
  • 部屋の中のキズに水漏れによる染みやカビの黒ずみがないか
  • 収納の広さが十分かどうか
  • コンセントの数と位置

上記の項目は是非マンション内覧時に確認するようにしてください。

まとめ

内覧を成功させるための秘訣は「少しでも気になったところは記録すること」「普段自分の家で生活していて気になるところをチェックすること」「普段自分が生活するような雰囲気で内覧すること」だと言えます。是非理想のマンション探しのため、内覧を楽しんで頂ければと思います。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top