マンションジャーナル

マンションジャーナル

「プロだけが知っているマンションを高く売る方法 マンション高額売却術(新装版)」発売のお知らせ

マンションジャーナル最新記事

More
「プロだけが知っているマンションを高く売る方法 マンション高額売却術(新装版)」発売のお知らせ

中古マンションフリーマケットサービス『Housmart』を提供する株式会社Housmartは、2015年3月28日(土)より「プロだけが知っているマンションを高く売る方法 マンション高額売却術(新装版)」を発売します。この書籍では中古マンションをいかに高額で売却するか、その実践ノウハウをお伝えします。

プレスリリースはコチラ

『プロだけが知っているマンションを高く売る方法 マンション高額売却術』は株式会社Housmartの代表・針山が培ってきた中古マンションの売却ノウハウが詰まった公式本です。

書籍情報

『プロだけが知っているマンションを高く売る方法 マンション高額売却術』

著者:針山昌幸
定価:648円(税別)
発売日:2015年3月30日
amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B00SBSE0XG

【前書きより】
今、中古マンション市場に熱い視線が注がれています。
新築マンションは資材や人件費の値上がりにより価格が高騰し、完全な割高になっています。
そこで価格が適正な中古マンションを求めている人が増えているのです。

国は2020年までに中古住宅の市場規模を2倍にすると発表しました。
アメリカ、ヨーロッパでは中古住宅を買う人が8割以上を占め多数派ですが、日本はまだまだ中古住宅市場が未熟で全体の2割弱の人しか中古住宅を購入していません。
ですが若い年代を中心に「中古のマンションを購入してリフォームし、自分らしいライフスタイルを手に入れたい」という層が確実に増えているのです。

一方日本全体で見た場合、人口減による空き家率の上昇率は深刻です。
総務省による平成25年「住宅・土地統計調査」によると全国の空き家数は820万戸と5年前に比べ63万戸増加し、過去最高に空き家が多い状況です。

つまり、今の市場では確実に中古マンションのニーズはあるものの「売れるマンション」と「売れないマンション」がクッキリと分かれているのです。
マンション売却を行うための施策をしっかりと行っている人はマンションを高値で売却することができ、間違った方法を行っている人のマンションはいつまでたっても売れないのです。

こんにちは。株式会社ハウスマートの代表を務めております針山でございます。
弊社は中古マンションの売買を専門に行う不動産会社です。

日本の不動産業界は長らく「新築住宅信仰」がありました。
とにかく「新築住宅は安心です」という言葉を合言葉に、新築住宅ばかりを売っていたのです。
新築住宅は売主がマンションディベロッパーなどの不動産会社なので、売るのが簡単です。
マンションの状況や説明資料などは全てマンションディベロッパーが揃えてくれるので、ある程度口のうまい営業担当者であれば何の問題もありませんでした。
しかし、これからの時代は欧米と同じように中古住宅が主流になってきます。

中古マンションの売却には「専門的なノウハウ」が必要です。
新築マンションと違い、広告や説明資料などは不動産会社で作成しなくてはなりません。
また中古マンションならではのアピールポイントや、気をつけなければいけないポイントがたくさんあるのです。
あなたがマンションの売却をお願いする不動産会社が「中古マンション」の売却に強みを持っているかどうかは重要なポイントです。
単に「大手だから」「有名だから」といって任せてしまうとあなたのマンションも「売れ残り」のマンションになってしまう可能性があるのです。

また、あなたが売却をお願いする不動産会社が最新のマーケティング手法を駆使しているかも重要なポイントです。
昔の不動産会社ですと、マンションの広告をチラシにして店頭に張り出したり、ひたすらポストに入れてお客さんを探したりしていました。
世の中の情報量が少ない時代ですとこれでもお客さんの目に留まり、じっくり見てもらえるケースもありましたが、今ではあまりにも世の中の情報量が増えていますので、オフライン(インターネット以外)でお客様にアプローチしてもそもそも目に留まりません。
今では多くの人がスマートフォンを持つようになり、1人の人間が1年間に消費する情報量は10年前と比べて「65倍」に増えているということです。
このように情報が多すぎる中で「いかにあなたのマンションに目を留めてもらうか」が、マンションを売却する上で重要なポイントになることは間違いありません。

マンションは大事な資産です。
ノウハウを身につけ、ぜひマンション売却を成功させてください。

【目次】
■マンション売却のウソを見抜く!
・「このマンションを購入したい人がいます」チラシは本当か?
・マンション売却の罠!高すぎる査定金額に要注意!
・知らずに損をしてしまう契約とは?
・マンションを高く売るための必須チェックアイテム「マイソク」とは
・超高齢化!不動産業者の恐るべき実態とは
・本当に高く売れる?マンション売却一括査定サイトに要注意!
・マンション売却の恐怖!あなたのマンションは「干されていないか」?
・「あなたのマンション買い取ります」は本当に安心か?
・仲介会社と買取会社のタッグに注意しよう!

■マンション売却の「ツボ」と「コツ」!
・マンション売却の流れ
・マンションを高く売却するために必要な心構えとは
・大手だから安心?マンション売却を任せたい不動産会社とは
・なぜマンションを売るの?マンション売却に踏み切った理由とは
・一体どうやって決めてるの?売却マンションの査定の仕方とは
・いくらでマンションを売ればいいのか?マンション売り出し金額の決め方とは
・こうすればスッキリ!マンション売却のための価格戦略とは
・これってホント?マンションの売り出し金額に反映されないポイントとは
・意外とかかる?マンション売却にかかる費用とは
・マンションの売却手数料を無料にする方法
・「非公開物件」の方が高く売れる?マンションを高く売る為に見落としがちなポイントとは
・やっぱりキレイな方がいい?マンションを売却する際にリフォームは必要か
・取っ手は修理が必要?マンション売却ための修復ポイントとは
・どうして?見学は多いのに誰もマンションを買ってくれない理由
・売れやすいマンションに共通するポイントとは何か
・意外な盲点!「マンションを売る理由」を考えよう!
・マンションを高く売却するために、抑えておきたい見学のポイント その1
・マンションを高く売却するために、抑えておきたい見学のポイント その2
・あなたにしか分からないメリットを伝えよう
・侮れない!マンション見学の予定を調整するメリットとは
・スーパーに学ぶ!マンション売却の価格決めとは
・マンションを高く売却するコツ!インターネット広告を活用しよう!

■マンション売却準備から決済まで抑えておきたい9ポイント
・備えあれば憂い無し?マンションの売却活動をする前にしておきたい準備とは
・浮かれるのはまだ早い?マンション購入申込書の確認ポイントとは
・意外と少ない?マンション売却の契約時に必要なもの
・超重要!マンションの売買契約で説明される内容とは
・マンション売却トラブル回避の秘訣!付帯設備表を確認する
・こんなの不動産だけ?手付金のチェックポイントとは
・いよいよ当日!マンション売買契約日の手順とは
・あと一歩!マンション決済に向けて準備することとは
・決済当日の流れとは

■マンション売却で失敗しないために
・知らないではすまされない?マンション売買における「瑕疵担保責任」とは
・あなたのマンションを10倍魅力的にする「瑕疵担保保険」とは
・万が一の時の為に!マンション売買における「危険負担」とは
・どうする?マンションを売っても住宅ローンが返せなかったら
・電子レンジを捨てたら、契約のキャンセルをストップ出来る??
・どうしたらいい?マンション買い替えのベストな方法とは
・マンションをお得に売却する!押さえておきたい税金のポイントとは
・意外と貰える?マンションを売却してお金を取り戻す方法とは

■終わりに
マンション売却で一番大切なこと

【著者情報】
針山昌幸(はりやま まさゆき)

一橋大学経済学部卒。
大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。
顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。
楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
株式会社Housmart(ハウスマート)を設立し、代表取締役社長に就任。
最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。

プレスリリースはコチラ

『プロだけが知っているマンションを高く売る方法 マンション高額売却術』

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top