マンションジャーナル

マンションジャーナル

家の楽しみ方を極めたリノベーション住宅(川崎市 元住吉)

マンションジャーナル最新記事

More
家の楽しみ方を極めたリノベーション住宅(川崎市 元住吉)

家には自分の夢をすべて詰め込みました。それが、リノベーションの楽しさだと思ったので。

Hさんがそう話すのは、東横線元住吉駅から徒歩6分の立地にあるリノベーション物件だ。Hさんは自分でリノベーションすることを前提にマンションを探しており、この元住吉のマンションに出会ったという。

2-w600

一目でピンときましたね。まずは立地が良いことがプラスポイント。今は1LDKですが、元は3LDKのマンションでした。リノベーションを依頼する会社とマンションの購入前から打ち合わせをしていて、部屋数を少なくしてLDKを広くとる間取りにすれば自分の理想の家になるなと思ったんです。

元住吉は開発の著しい武蔵小杉に隣接する人気の駅。駅前にはブレーメン通り商店街、東口からはオズ通り商店街があり、連日賑わっている。Hさんのマンションはそんなオズ通り商店街を抜けてすぐの場所に位置する。大型スーパーのマックスバリュが隣接しているのも決め手の一つだったのとのこと。

>>>元住吉駅周辺のマンション情報はこちら!

3-w60018.9畳のLDKは開放感抜群。L字型のソファーはゆったりとした時間を楽しむのにピッタリです。

4-w600リビングのテレビは壁掛けになっているので、スッキリとしています。

4−2-w600ライトを調整すれば、映画館に早変わり!
4−1-w600なんと壁からBOSEのスピーカーが!大迫力のサウンドを楽しめます。

5-w600キッチンは人気のアイランドキッチン!スペースが広々と確保されているので、料理がしやすそうです。

6-w600リビング側から見たキッチン。タイルの模様が◎ですね。シンプルな中にも暖かみのあるデザインです。キッチンの後ろにタップリとした収納スペースがあるので、重宝しそうですね。

8-w600
キッチンの横にはダイニングスペース。キッチンと動線が繋がっているので、とっても使いやすそうです。ダイニングスペースの奥にも備え付けの棚があって便利そう。

1-w600ダイニングスペースのライトもオシャレです。

9-w600
LDKと廊下の間の壁は鮮やかなアトランティコ・ブルー。ナチュラルながらもメリハリの効いた色使いが良いアクセントになっています。実はLDKと廊下の間にある扉の曇りガラスは、リノベーション前の扉を再利用したものだとか。

中古マンションをリノベーションするからには、前のマンションとの繋がりも残しておきたかったんです。元々リフォーム前にあった扉に大きな曇りガラスが付いていたのが印象的で「うまく活用出来ないかな」と思いました。時の連続性を意識出来るのも、リノベーション住宅の魅力だと思います。

Hさんのマンションへのこだわりが一番現れているのが、LDKの横にある小上がりスペース。

11-w600LDKに隣接する7.6畳の小上がりスペースは趣味や友人を呼んでのパーティーなど、色々な使い方が出来そうです。

マンションでありながら、戸建て住宅の階段のような「変化」を家の中に作れないかな、と思ったんです。昔住んでいた賃貸住宅は廊下を抜けるとすぐ部屋、というような単調な間取りだった。リノベーションするにあたって、自分の家に何かメリハリを付けるようなモノが欲しかったんです。

13-w600リノベーションをするにあたって、色々な住宅誌を読んだというHさん。

12-w600小上がりスペースを作ることも、そんな住宅誌を読む中で思いついたのだという。

理想の生活をイメージしながら、住宅誌を読むのは楽しかったですね。新築のマンションと違い、間取りはもちろん、どういう建具、金具、アクセサリーを使うかまで指定出来るのですから。

Hさんのマンションには、そんなHさんのこだわりが散りばめられている。

14-w600

15-w600素材感を活かした「BATH ROOM」のプレートと紙巻き器。

16-w600洗面台のタイルも色使いが鮮やかです。

17-w600コンセントもオシャレ!

18-w600バスルームには窓がついていて、採光が取れます。

20-w600LDKはカーテンではなく、縦型のブラインド。スッキリとした印象と、適度な採光を実現しています。

21-w600レンジフードはあえて配管をむき出しに。無骨ながらもスッキリとした印象です。

22-w600キッチンの床は素焼きのタイル貼りで素材感が感じられます。壁の白さと良いコントラストになっていますね。

23-w600単純にオシャレなだけでなく、くつろげる家作りを目指したというHさん。

家はリラックスする為の場所だと思うので、落ち着ける雰囲気が感じられることを意識しました。例えば、LDKと小上がりは全て無垢材を使ったり、リビングとキッチンが空間として一つになっていたり。肩肘張らずに、馴染みやすい空間になればと考えました。友人がよく遊びに来てくれるんですが「こんなに落ち着ける家ははじめて!」と良く言ってもらえるのが嬉しいです。

まさにリノベーションならではの快適さと家の楽しみ方を極めたHさんの家。取材をしながら、いつかはこんなステキな家に暮らしてみたいなぁと思いました。

>>>元住吉駅周辺のマンション情報はこちら!

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top