マンションジャーナル

マンションジャーナル

食器洗い機って実際どうなの?

マンションジャーナル最新記事

More
食器洗い機って実際どうなの?

食器洗い機を買おうと考えている方、持っているけど使っていない方に今回食器洗い機について詳しく紹介していきます。

食器洗い機のイメージ

食器洗い機のイメージはどのように持っているでしょうか?マイナスイメージだと以下のような事を思うそうです。

  • 「家族が少ない、または一人暮らしだから必要ない。」
  • 「光熱費とか考えると手洗いの方が良い」
  • 「下洗いしないといけないなら最初から手洗いで良い」
  • 「食器洗い機ってお高いのでは?」

では実際はどうなのでしょうか?これらの悩みは解決できるのでしょうか?

食器洗い機の利点

食器洗いの利点と言うのは一体どんな物があるでしょうか?

食後の時間を別のものに当てられる

食器洗い機ならば、お皿を洗う時間や拭く時間が無くなるためその間の時間にお風呂に入ったり、翌日の準備に当てられたりと時間を効率よく使えます。お皿洗いに対して考えなくても良いのでお皿や盛りつけに対しても億劫になる必要がないです。

高温乾燥を行うため布巾の滅菌いらず!

手洗いだと布巾で水分を拭わなければいけません。しかし、その布巾に細菌が付いていたらせっかく洗ったお皿にまた汚れを付ける事になります。そのため布巾を殺菌する作業をします。しかし、食器洗い機ならば高温で乾燥を行う事によりお皿を拭く必要がありません。この時間も短縮できるのが食器洗い機の特徴です。

手荒れの心配がいらない!

水や洗剤と手が触れる機会が俄然少なくなるため、手が荒れる心配が無くなります。お肌が弱い方や手に怪我、傷を負っている方にも優しいのがも食器洗い機の特徴です。

水道代光熱費が逆に安くなる?

お皿を洗うときにお水を流しっぱなしにしている方は多いのではないでしょうか?また冷たい水は嫌なので温水でお皿を洗う方も多いです。これらに比べると食器洗い機は一定の水の量を使うだけ、光熱費も最新型だととても安く抑えられます。

その他

一人暮らしだからいらないと言う方!確かにお皿の数は一人暮らしだと少ないですが、料理を作る際に使う調理器具の数は同じ料理ならばそこまでは変わりません。お皿と調理器具の数を足すとそこそこの量になるのではないでしょうか?また最近は食器洗い機も少人数用もあるためそちらのご購入も考えてみてはいかがでしょうか?

食器洗い機の弱点

食器洗い機にも弱点はあります。

頑固な汚れ、焦げなどは落ちない

手洗いでも落ちにくいような汚れに関してはさすがに食器洗い機でも落ちません。しかし油汚れなどの液体の汚れに関しては高温のお湯と洗剤で洗い流せるため食器洗い機も有能です。

手洗いよりは時間がかかる

食器洗い機は手洗いに比べるとどうしても時間がかかります。今すぐ洗って今すぐ使わなければならないような場合は手洗いの方が良いでしょう。

プラスチックなどの軽い食器は飛ばされる

食器洗い機は強い水圧で洗うため軽い食器だと飛ばされてしまいます。しかし飛ばされても洗えるのと壊れる訳ではないので問題はあまりないです。

白い跡が残る事がある

食器洗い機は水道水で洗い高温乾燥を行うため水道水に含まれるミネラル分が高温乾燥によって水分だけ飛びミネラル分だけが食器に残る事があります。しかしこれは水で洗い流せばほぼ落ちます。

耐熱温度が低い物は変形する恐れあり

食器洗い機は高温で洗うためプラスチックの中でも高温に弱い物は変形する可能せいがあります。

食器洗い機の問題解決法

下洗いが必要な物は水にしっかり付けて置くだけ

下洗いが必要だからと言って特別何かをする必要はありません。基本的には水に付けて置いて食器洗い機に入れれば問題は無いです。しかし焦げ等の力じゃないと落ちない物は手洗いしてください。

据え置き型なら安い!

ビルトインタイプだと10万円を超えますが据え置き型だとその半額よりも全然安い値段で買えてしまいます。

まとめ

食器洗い機を買う事はお勧めします。しかし、手洗いもやる必要もあります。ケースバイケースでそれぞれのやり方をする事で効率的かつストレスフリーなライフスタイルが生まれます。食器洗い機は洗濯機のようなもので頑固な泥汚れを下洗いするかのようなイメージで捉えてくれれば良いです。また水や洗剤と素肌が接触する時間が減るため手荒れ等の心配の恐れが激減します。食器洗い機のご購入をぜひご検討してはいかがでしょうか?

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top