マンションジャーナル

マンションジャーナル

そこまで知らなかった!色が作り出す人の心理!

マンションジャーナル最新記事

More
そこまで知らなかった!色が作り出す人の心理!

色が人の心理に影響を及ぼす事知っている方は多いと思います。そんな色による心の変化をお部屋の模様替えに使えるように、ポイントを詳しくご紹介していきます。

部屋の配色の割合

お部屋の配色の割合というのを知っていますか?お部屋の色の種類は3種類がベストです。そして、その配色を70%(ベースカラー)、25%(アソートカラー)、5%(アクセントカラー)の割合にすると良いです。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

ベースカラー(70%)

薄い色や淡い色が向いています。空間の大半を占めるのがこのベースカラーです。つまりこのベースカラーがお部屋全体の雰囲気を決めるものと言えるでしょう。天井や壁紙などのお部屋の大半を占める物に配色すると良いです。そして次に紹介するアソートカラーの背景色となります。

アソートカラー(25%)

ベースカラーによって映えるような色を選ぶと良いでしょう。またベースカラーに比べて濃い色を使います。ベースカラーと共にお部屋の雰囲気を決めるものです。家具等の色として使うのがお勧めです。

アクセントカラー(5%)

お部屋の雰囲気を引き締め、変化をつける色です。そのため濃い色を使い、アソートカラーとは対照になるような色を使うと良いです。

それぞれの色の効果

  • は体感温度を3度上げる。日当りの悪い部屋に!
  • には鎮静効果がある。寝室に!
  • は集中力やテンションを上げる。しかし使いすぎ注意!
  • はリラックス効果がある。寝室・書斎・リビングと様々なお部屋で多用できる!
  • オレンジは食欲増進効果がある。ダイニングやキッチンに!ダイエットには不向き
  • 茶色は落ち着かせる効果がある。じっくり考えるお部屋に向いている。
  • は感受性を高める神秘的な効果がある。あまり使いすぎないように!
  • ベージュは安らぎを与える効果がある。リビングや寝室に使える!
  • 白には清潔さを与える効果がある。しかし、掃除をこまめに!

最後に

今回は様々な色の効果を紹介していきました。例えば寝室では、ベースカラーには淡い青である水色を使い、アソートカラーに緑、アクセントカラーに茶色等を使うと落ち着きリラックスした寝室のカラーができるでしょう。このように、様々なカラーの組み合わせを考えて自分好みのお部屋を作ってはいかがでしょうか?

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top