マンションジャーナル

マンションジャーナル

自分のマンションなのにリフォーム出来ない?共有部分と専有部分の境界を確認しよう!

マンションジャーナル最新記事

More
自分のマンションなのにリフォーム出来ない?共有部分と専有部分の境界を確認しよう!

中古マンションを購入し、リフォームする際に気をつけたいのが「リフォームはどこまで出来るのか」ということです。

リフォーム出来る部分は占有部分だけ

マンションは共有部分と専有部分から成り立っています。共有部分とは、マンション全体で所有してる部分の事です。エントランスや廊下、会議室などが共有部分にあたります。一方部屋の中の部分は専有部分と言われます。マンションを購入するというのは、この専有部分を購入するという意味なのです。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

窓は勝手に変えちゃいけない?

部屋の中は専有部分ですが、誤解しがちなのが窓と玄関ドアです。マンションの部屋と外との隣接部が窓と玄関ドアですので、窓・ベランダと玄関ドアは共有部分になるのです(多くのマンションでは玄関ドアは内側部分のみ「専有部分」としています)。共有部分はマンション全体で保有していますので、基本的に勝手にリフォームする事が出来ないという縛りがあります。

管理規約・使用細則をチェック

共有部分のルールについては管理規約・使用細則で決まっています。例えば「ベランダで布団を干してはいけない」というルールが決まっている場合、それは管理規約・使用細則に記載されています。「自分のマンションのベランダなのに、そんなことまで決まっているの?」と思われるかもしれませんが、景観を守る事がマンションの資産価値の保全にも役立ちますので、細かくルールが決められている事があります。

まとめ

もちろんいくら共有部分とはいえども、窓が割れてしまった場合は自分ですぐに修理が出来るマンションが大半です。またその場合は修理費用はマンション全体ではなく、その住居の人のみで支払う形になります。

細かいルールが決まっていると鬱陶しく感じるときもありますが、マンションはいわば生活共同体です。同じコミニティの皆さんが気持ちよく生活出来るよう協力しあうべきだという考え方が根底にあるのです。

ちなみにリフォームの相見積もりには、お値段比較で有名な「価格.com」が便利です。匿名で提案・費用見積もりを受けらることが出来、掲載されている会社はすべてリフォーム瑕疵保険に加入済なので万一の工事ミスにも対応出来るのが安心出来るポイントです。

>>無料一括見積もりで提案をかんたん比較 価格.com リフォーム

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top