マンションジャーナル

マンションジャーナル

中古マンションを確認する!管理費・修繕積立金の滞納をチェックしよう

マンションジャーナル最新記事

More
中古マンションを確認する!管理費・修繕積立金の滞納をチェックしよう

中古マンションの購入を考えた時、確認しておきたいのが「管理費」の滞納についてです。

マンションの管理費とは何か

分譲マンションの場合、賃貸とは異なり毎月の管理費を払う必要があります。管理費は、マンションのメンテナンスや廊下・エントランスなどの共有部分の電気代などに使われる費用のことです。管理費をいくら支払わなくてはいけないかはマンションによって異なります。

大規模なマンションになればなるほど、一つの部屋で負担しなければならない費用は少なくなるので、一般的には規模が大きくなるほど管理費は安くなる傾向があります。しかし最近の新築マンションのように、ジムやプールなど豪華な共有施設がある場合はその維持費用・メンテナンス費用が管理費からまかなわれますので、逆に高く付く場合もあります。

マンション管理形態別メリット・デメリットまとめ

管理費の滞納をチェックする

中古マンションを購入する場合、まず絶対にチェックしなければいけないのは購入しようとしているマンションの売主様が管理費を滞納していないかです。管理費の滞納があった場合、契約の段階では絶対に説明しなければいけないことになっていますので知らないまま契約するということはありませんが、契約の直前になって知らされても困まってしまいます。不動産会社に事前に滞納があるかどうか確認してもらうようにしましょう。もし購入しようとしているマンションの売主様が管理費を滞納している場合、決済のタイミングまでに全てを支払うことを条件としてください。
>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

他の住戸でも管理費の滞納が起きていないか?

また管理費の滞納は売主様だけでなく他の住戸についても発生していないかを確認するようにしましょう。マンション全体で管理費の滞納が行われている場合、マンションの管理・運営が十分に出来なくなってしまいます。管理費に滞納があるかどうかは、管理会社もしくは管理人に問い合わせることで分かります。管理費の滞納があるかどうかに加えて、もし滞納が発生した時にどのような対策を取るのかも確認すると良いでしょう。

修繕積立金の滞納も確認ポイント

マンションの金銭トラブルとしては管理費だけではなく「修繕積立金」も重要なポイントです。修繕積立金とは、約12年に一度行うマンションの設備補強、外壁の補修、共有部分の内装やり直しなどの大規模修繕のために積み立てるお金のことです。

管理費・修繕積立金が安すぎるマンションに要注意!

この修繕積立金が滞納されていたり、不足していると大規模修繕を行う事が出来なかったり、一時金としてお金を余分に支払わなくてはいけなくなります。この一時金は数十万〜百万円程度の金額になることもありますので注意が必要です。

photo by pixabay

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top