マンションジャーナル

マンションジャーナル

中古マンションを確認する!「竣工図」をチェックしよう

マンションジャーナル最新記事

More
中古マンションを確認する!「竣工図」をチェックしよう

中古マンションの購入を考えたとき、心配になるのが「建物は大丈夫かな?」ということです。基本的に1981年以降に建築確認審査を受け、新耐震基準を満たしているマンションであれば、安全性について一定の基準を満たしていると言えます。そして具体的にどのようにマンションが作られたかを確認する方法として「竣工図」を確認するという方法があります。

竣工図とは何か

竣工図はマンション全体の設計図です。マンションを建築する際は、まず「設計図」が作られます。設計図によってマンションの概要を決定し、国の建築確認審査を受けるのです。設計図によって詳細が決まりますが、マンションの工事中には必ず変更点が発生します。実際に作ってみたら施工上問題があったり、行政から指摘が入る事で変更しなくてはいけない部分が出てくるのです。竣工図は、そういった変更点を反映させ、完成したマンションの細部情報を記載した図面になります。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

竣工図は管理組合が保管している

竣工図は通常個人ではなく、管理組合などで保管されているケースが多いです。マンションによっては、この竣工図を保管していない、もしくは紛失してしまった中古マンションがあります。管理組合によっては「実際に売買契約が終わるまで見せられない」というマンションもありますが、竣工図を見ない限りマンションの確認は外観や室内などの確認に限られてしまいます。

また竣工図には建物のことだけではなく、地盤についても記載されています。建物の価値を見極める上でとても大切なものになりますので、「いいな」と思うマンションがあれば是非確認するようにしてください。

photo by pixabay

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top