マンションジャーナル

マンションジャーナル

騒音で悩まされない!マンションの購入チェックポイントとは

マンションジャーナル最新記事

More
騒音で悩まされない!マンションの購入チェックポイントとは

マンションの購入検討にあたって、入念にチェックしておく必要があるのがマンションの「騒音問題」です。

マンションの騒音問題

マンションの上の階からの騒音は誰しも経験があると思います。国が行っている調査でも、マンション生活のトラブルとして毎回ほぼトップに挙るほどです。ドタバタと上の階の足音はついつい気になってしまいますし、逆に自分の下の階からクレームを受けるかもしれません。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

マンションの騒音は何故起こるのか

マンションの騒音問題が良く起こる原因として「フローロング」を使っていることが挙げられます。元々マンションは鉄筋コンクリート、もしくは鉄骨鉄筋コンクリートで造っているものがほとんどなので、木造住宅に比べると騒音は響きにくいのです。それにも関わらずこれだけ騒音問題が頻繁に起こるのは床にフローリングを使っているからです。

昔のマンションは床がカーペットでした。しかしアレルギーの人が増え、また掃除のしやすさからもフローリングが好まれるようになったので、いまでは床がフローリングであることが主流です。しかしフローリングはカーペットに比べ音を伝えやすく、フローリングが主流派になったことで騒音問題が増えてしまったのです。

マンションの騒音対策

折角購入したマンションが騒音問題で悩まされる事になると、なんのために購入したのか分かりません。マンションの騒音問題を避ける為の対策には以下のチェックポイントがあります

床の厚さをチェックする

当然ですが、床の厚さが厚ければ厚いほど音が響きにくくなります最低でも200mmは床の厚さが欲しいところです。床がどれだけ遮音するかは「L−50」というように表示されます。このLの後の数字が小さければ小さいほど遮音性能が高くなります。理想の数値は45以下です。

壁の厚さをチェックする

床と同じ様に、壁も厚ければ厚いほど、音が響きにくくなります。壁もやはり最低でも200mmは厚さが欲しいところです。壁の遮音性のは「Dー50」というように表示されます。今度はDの後の数字が「大きければ大きいほど」遮音性能が高くなります。床とは逆なので要注意です。理想の数値は50以上です。

壁の工法がGL工法なら要注意

壁は厚さだけでなく、工法にも注意が必要です。ほとんどのマンションは「直壁」といってコンクリートの上に直接仕上げる方法が取られています。この方法であれば特に問題はありません。問題なのは「GL工法」と記載されている場合です。これは、コンクリートに直接仕上げるのではなく、室内側にもう一個壁を造る工法です。石膏ボードの壁をGLボンドでくっつけるのです。この場合、音が大きく響きやすくなってしまう場合があるのです。

騒音源近くのマンションは買わない

隣りの部屋以外にも、騒音の原因となるものがあります。中古マンションの場合、こういった騒音源を確認する事が出来るのがメリットの一つです。騒音源としては下記のようなものがあります。

【建物内】

  • エレベーター
  • 電気室・ポンプ室
  • 給配水管
  • 駐車場
  • エントランス

【建物外】

  • 線路
  • 幹線道路
  • 通り抜けの道路・バス通り

また子供の声が苦手な方は公園や学校の近くのマンションも避けた方が良いでしょう。

まとめ

騒音というのはとてもデリケートな問題です。気になる人には気になりますし、気にしない人は全く気にしません。気になる人にとっては、一度気になると夜も眠れないほど影響があるのです。

正直言って、マンションを購入した後に騒音問題に気がついても、中々対策は難しいのです。上の階に対してクレームを付けても、上の階の人も出て行くわけにはいきません。生活する上でどうしても音は出てしまうので、こちらがリフォームしてある程度防音対策をするしかないでしょう。

もし音にデリケートなのであれば、購入前のタイミングで入念にチェックするのがベストなのです。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top