マンションジャーナル

マンションジャーナル

住宅資金贈与への非課税枠が3千万円に!2015年1月から順次拡大

マンションジャーナル最新記事

More
住宅資金贈与への非課税枠が3千万円に!2015年1月から順次拡大

政府は2014年12月27日、マンションや戸建などの住宅を購入する資金贈与への非課税枠を継続・拡大することを決めました。

やっぱり親は頼りになる?住宅購入の贈与税活用方法とは

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

住宅資金の贈与非課税枠は2014年現在最大1千万円で、2014年末に期限を迎える予定でした。親や祖父母から住宅購入資金の贈与を受けた場合、税の非課税枠が来年の2015年1月から順次拡大していき、2016年10月から1年間は最大で3千万円とする方針です。これは2017年4月に予定されている消費税率10%への再増税で住宅販売が落ち込まないようにする狙いがあります。

不動産は昔から相続対策に活用されてきました。一番有名な方法は財産を使って賃貸アパートを建て、その賃貸アパートを相続する方法です。賃貸アパートの相続には以下のようなメリットがあると言われています。

  • 土地の相続税評価額を2割引きすることが出来る
  • 建物の相続税評価は現金よりも6割引きにすることが出来る
  • 借金は、相続税を計算するとき、相続財産から差し引くことができる

住宅購入資金の贈与非課税枠を拡大することで、若い世代への財産移転の効果も期待出来ます。

住宅を購入すると、税務署から「お尋ね」という書類が届くことがあります。住宅購入の資金におかしな箇所が無いか確認するための書類です。親や配偶者などからの資金援助は特に確認が入りますので、贈与部分も正しく記載しましょう。

 

picture by ARCHITECTUREandDESIGN

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top