マンションジャーナル

マンションジャーナル

【復活!】住宅エコポイントが復活!耐震化などで最大45万円分還元

【復活!】住宅エコポイントが復活!耐震化などで最大45万円分還元

安倍政権が勝利し、矢継ぎ早に新しい政策が決まっています。そんな政策の中で「住宅エコポイント」を復活させることが決まりました。

住宅エコポイントは地球温暖化対策や、経済の活性化を目的として「エコ住宅」を建てたり「エコリフォーム」を実施した人に対してエコポイントを発行する制度です。このエコポイントは商品と交換出来たり、商品券がもらえます。

実はこの制度は一度終了しています。2014年3月31日を持って、ポイントを交換出来る期限が終了しているのです。しかし政府は、住宅市場を活性化させるためにこの「住宅エコポイント」制度を復活させる方針を固めました。

住宅エコポイントを貰える条件は以下の通りです。ただし、これは前回の条件なので、今回変わる可能性があります。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

新築住宅の場合

下記3つのうち、どれか一つの条件を満たすこと

  • 省エネ基準を満たす外壁、窓等を有する木造住宅
  • 外壁、窓等の断熱性能に加えて、給湯設備や暖冷房設備等の建築設備の効率性について一次エネルギー消費量が、省エネ法に基づく「住宅事業建築主の判断の基準」に相当する住宅
  • 太陽熱利用システムのうち、一定の集熱性能等が確認された強制循環型のもので、住宅エコポイント事務局に登録されたもの

リフォーム、耐震工事の場合

窓・断熱材・バリアフリー・太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽のリフォームで、一定の基準を満たすもの。もしくは上記に合わせて、昭和56年5月31日以前に着工された住宅で現行の耐震基準に適合していないものについて、現行の耐震基準に適合させる工事であること。

エコポントの金額としては、通常の新築やリフォームの場合には最大30万円分。耐震工事をした場合や、中古住宅を購入してリフォームを行う場合は、最大45万円分のポイントを受け取ることが出来ます。エコポイントの対象になるのは2015年3月末までに結んだ契約になるそうです。

政府は、このエコポイント復活に合わせ、長期の住宅ローン「フラット35S」の金利優遇も拡大し、一段の金利の引き下げを行います。なんと今年度の補正予算案に、住宅エコポイントと金利の引き下げなどに必要な2000億円程度を盛り込む方向とのことですので、住宅検討を考えている方にはチャンスになります。

著者について

(株)Housmart(ハウスマート)代表取締役針山 昌幸
一橋大学で経済学を学ぶ。大学卒業後、大手不動産会社で不動産仲介、用地の仕入、住宅の企画など幅広く担当。顧客の利益が無視された不動産業界の慣習や仕組みを変えたいと志す。  
2011年、楽天株式会社に入社。大手企業に対し、最新のマーケティング・ビックデータ・インターネットビジネスのノウハウを元にコンサルティングを行う。
2014年9月株式会社Housmartを設立し、代表取締役社長に就任。最新のマーケティング手法を駆使した中古マンションの売買を行っている。
著書「中古マンション本当にかしこい買い方・選び方」がAmazonランキング・ベストセラー1位(マンションカテゴリー)を獲得。Housmartの経営を執り行う傍ら、テレビや雑誌への出演など、マンション専門家としての活動も行う。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top