マンションジャーナル

マンションジャーナル

不動産会社の営業マンと上手く付き合う4つのコツ

マンションジャーナル最新記事

More
不動産会社の営業マンと上手く付き合う4つのコツ

不動産会社というと「なんか怖そう・・・」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。確かに今でこそいなくなりましたが、昔は不動産屋というとパンチパーマにダブルのスーツを着て、明らかに怪しい見た目の人が多かったように思えます。そんな不動産会社の営業マンと上手く付き合うための「4つのコツ」をご紹介します。

1 営業マンが信用出来るかどうか判断する

不動産会社には大手から地元密着のお店まで数多くの会社がありますが、本当に担当の営業マンが信用出来るかどうかは、会社というよりも営業マン個人のレベルによるところが大きいです。もちろん、会社として信頼出来る営業マンの割合が多い会社もありますが、中には「これでも大手の不動産会社か・・・」と疑いたくなるようなレベルの対応をする営業マンもゴロゴロいます。

まずは会社名をグーグルで検索してみましょう。もし過去になんらかの事件やトラブルがある会社の場合、その事件について結果が出てくるでしょう。会社が特に問題なければ、営業マンが信頼出来るかどうか、都度判断してください。「質問に対して正確に返答してくれるか」「契約させようと煽り文句を言ってこないか」「約束や時間にルーズでないか」など、営業マンとして信頼に足る人物か見極めましょう。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

2 営業マンに何を言われてもあせらない

不動産に限らず交渉ごとは焦った方が不利になります。特に不動産の売買では「いつまでに住宅を購入しなくてはいけない」ということを営業マンに伝えると「カモ」になってしまいます。その時期までに住宅を購入することは分かっていますから、しつこい営業をかけて絶対に自分の会社で契約をさせようとします。あくまでも「いい物件があれば買おうと思っている」というスタンスを崩さないようにしてください。

3 営業マンに返事を返す

営業マンから住宅をメールなどで紹介されたら、返事を返すようにしてください。返事をしないと「もう住宅を購入してしまったのかな」と営業マンが勘違いしたり、「買う気をなくした客」というレッテルを張られて物件を紹介してくれなくなってしまいます。紹介メールが届いたら物件の内容を確認し、「この住宅はこういう理由でダメです」「もう少し、こういう物件はないですか?」など具体的にダメな理由を営業マンに伝えましょう。ダメな理由を伝える事で、営業マンも「こういう物件を探しているんだな」ということが分かり、紹介する物件の精度が増すのです。

4 営業マンの車に乗らない

営業マンが自分の車で案内をしようとしたら要注意です。確かに営業マンの車に乗って住宅を見に行くのは楽なのですが、行動を営業マンにコントロールされやすくなるのでよしましょう。また営業マンの車に乗ると、例えば駅からの最短距離ではなく一番見栄えのするキレイな道を通ってお客様を案内します。周囲の住環境も自分の納得のいくまで見る事が出来ません。住宅を見に行く際は営業マンと現地で待ち合わせ、自分の車か電車で見学に行くようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。住宅は人生で一番高い買い物ですので「営業マンは親身になって何から何までやってくれるはずだ」と考えるのはとても危険です。彼らには毎月のノルマがあり「今月のノルマを達成するためにはどうしたらいいか」ということが彼らの第一優先課題なのです。営業マンは完全な味方ではなく、商談相手と言うことが出来ます。情報提供を受けながら、自分のペースで住宅探しが出来るよう気をつける必要があるのです。

>>株式会社ハウスマートでは、お客様の人生で最も大切なお買物をお手伝いし、正確な情報提供とコンサルティングを実践する営業マンを求めています。求人について詳しくはこちらをご覧ください。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top