マンションジャーナル

マンションジャーナル

マンション探しのコツ!検討エリアを広げてみる

マンションジャーナル最新記事

More
マンション探しのコツ!検討エリアを広げてみる

マンション探しをしていて、ぶつかる一つの壁が「希望のマンションが見つからない」ということです。不動産会社の営業マンから紹介されるマンションも途切れ、ひたすら「物件待ち」という状況になってしまうのです。

理想のマンションが見つからない

「物件待ち」になる理由は「エリアを絞りすぎている」と言う事が出来ます。「○○のエリアに住みたい!」と希望は決まっているものの、そのエリアが狭すぎるが故に売りに出てくる住宅がないのです。

こういう時は検討するエリアを少し広げてみましょう。「絶対に○○のエリアがいい!」と決めつけずに、少しエリアを広げてみるだけで良い住宅地が見つかったりします。例えば大型ショッピングモールの開発や、高島屋、多摩川の河川敷などで人気が高い「二子玉川」ですが、二子玉川で住宅を探そうとすると大変です。吉祥寺と並んで東京都内屈指の人気エリアなため、新しい物件はなかなか出てきません。住宅が出て来ても一瞬で売れてしまうのです。

こんな時は隣、もしくは2つ隣の駅を見てみましょう。多摩川を挟んだ二子新地・高津までいけば、ほとんど都心エリアまでの電車距離は変わらないにも関わらずグッとお値打ちの物件も見つかります。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

他のエリアのマンションも見てみよう

また今まで全く検討していなかったエリアを試しに3〜4軒見てみるというのも、大変お勧めです。先入観で「このエリア!」と決めつけずに視点を広げてみると、意外と良い街が見つかるものです。「勤務先に同じ電車距離でいける他のエリアは無いかな?」という視点で物件を見てみてください。

例えば渋谷駅は、駅前こそ商業施設がひしめく大都会ですが、駅からちょっと歩くと「松濤」という都内屈指の高級住宅街があります。松濤は渋谷区と思えない程静まり返っており、とても閑静な住宅街です。また五反田も同じように、駅前はオフィスと歓楽街が広がっていますが、駅から少し歩くと「城南五山」と呼ばれる高級住宅街が広がっています。このようにどの街にも、それぞれ特色がありますから、一般的に知名度が高いエリアだけではなく、色々なエリアを見るのがお勧めです。

マンションの口コミをマンションノートでチェック!

実際の住み心地のあたりをつけるためにWEBの口コミをチェックする事も非常に有効です。「マンションノート」は全国のマンションの良い点・悪い点をそれぞれ口コミで確認できるため、とても参考になります。口コミからは、本音の情報を得る事が出来ます。

マンションノート

また各エリアの犯罪事故発生状況は警視庁のホームページで確認することが出来ます。各エリア細かく色づけされていますので、検討中のエリアがどれくらい安全か一目瞭然です。

東京都の自治体別刑法犯発生状況

エリアを広げてみることで住宅の選択肢はグッと広まります。ぜひ先入観を持たず、色々な物件を見てみてください。

photo credit: photopin cc

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top