マンションジャーナル

マンションジャーナル

「家を買おうかな」と思ったら、まずは重要ポイントに順番をつけてみる

マンションジャーナル最新記事

More
「家を買おうかな」と思ったら、まずは重要ポイントに順番をつけてみる

何かを決断するときには、「決断する上での判断基準」を持つ事が大事です。判断基準を持たないまま検討を始めてしまうと、営業マンの口車に乗せられて「やたら共有施設は豪華だけど、必要以上に高いマンション」や「リビングがとても広いが、駅距離がとても長い戸建」のように「買った後に公開する住宅」を購入してしまうことになりかねません。

家を買う優先順位を付ける

「どんな住宅に住みたいですか?」とお客様に質問すると、多くの方が「広くて、駅から近くて、築浅で、部屋が明るくて、周りが静かで、安い物件」とおっしゃいます。そうなのです。みんな欲しい住宅は基本的に同じなのです。しかし残念ながら希望の全てを満たす住宅は存在しません。だからこそ、住宅を購入する上での重視ポイントに優先順位を付けるのです。

次の重視ポイントの中で「自分にとって大事だ」と思う項目にチェックを入れてみてください。出来たら、紙に印刷して配偶者の方や、一緒に住む人と相談しながら作業をするのがお勧めです。

>>マンションを買うなら知らないと損するサービスとは?

住宅チェックシート


□自然があふれたエリアの住宅を選びたい

□都会のエリアの住宅を選びたい

□静かなエリアの住宅を選びたい

□遅くまで飲食店がたくさん営業しているエリアの住宅を選びたい

□子供の学区がよい住宅を選びたい

□あなたの会社への通勤時間が短い住宅を選びたい

□配偶者の会社への通勤時間が短い住宅を選びたい

□あなたの実家に近い住宅を選びたい

□配偶者の実家に近い住宅を選びたい

□子供を育てる制度が整ったエリアの住宅を選びたい

□自分の趣味をぞんぶんに楽しめる住宅を選びたい

□家ではまったりとくつろぎたい

□自分用の書斎が欲しい

□子供部屋が欲しい

□フロントにコンシェルジュが欲しい

□フロントに宅配ボックスが欲しい

□セキュリティが万全な住宅を選びたい

□ガーデニングがしたい

□きれいな夜景を見たい

□空気がよいエリアの住宅を選びたい

□自分の子供と同世代の子供がたくさんいるエリアの住宅を選びたい

□家でも仕事が出来る住宅を選びたい

□とにかく広い住宅を選びたい

□自分で一から設計したい

□耐震が万全な住宅を選びたい

□長期ローンを組まないで住宅を購入したい

□和室がある住宅を選びたい

□平屋の住宅を選びたい

□リビングが明るい住宅を選びたい

□駅までの距離が短い住宅を選びたい

□会社まで徒歩でいける住宅を選びたい

□買い物が出来る場所がたくさんある住宅を選びたい

□防音がしっかりした住宅を選びたい

□治安が良いエリアの住宅を選びたい

□ブランドエリアの住宅を選びたい


項目にチェックが終わったら、次は選んだ項目の優先順位をつけてみて下さい。「1番目の条件はこれ、2番目は・・・」というように番号をつけ、最低ここまではゆずれない、というラインを決める事で実際に見学した住宅が「そのポイントに合っているかどうか」を判断することが出来ます。この中にない重要視ポイントがある場合は、そのポイントを書き足した上で順位付けをしてみてください。

住宅を購入すると、長期に渡って住宅ローンを返済します。最長で35年間という期間住宅ローンを支払うことになりますので、今のライフスタイルに合致しているかどうかだけではなく「将来どんなライフスタイルになるか?」という視点からも確認すると良いでしょう。

【永久保存】殿堂入り人気記事

Return Top